記者発表資料
平成18年8月3日
秋田河川国道事務所  
湯沢河川国道事務所
能代河川国道事務所
森吉山ダム工事事務所
鳥海ダム調査事務所 






 
 161011
 
 
 辿

  
                  
                      
    
期 間:平成18年8月5日(土)〜平成18年9月19日(火)

○キャンペーン実施施設(道の駅8ヶ所・公共施設3ヶ所):
     @道の駅「てんのう」        (担当:秋田河川国道事務所)
     A道の駅「しょうわ」        (担当:秋田河川国道事務所)
         B道の駅「協和」           (担当:秋田河川国道事務所)
                  C道の駅「象潟」           (担当:秋田河川国道事務所)
         D仙岩情報ステーション      (担当:秋田河川国道事務所)
         E道の駅「雁の里せんなん」  (担当:湯沢河川国道事務所)
                 F道の駅「かみおか」     (担当:湯沢河川国道事務所)
         G道の駅「ふたつい」        (担当:能代河川国道事務所)
         H森吉山ダム広報館モリトピア(担当:森吉山ダム工事事務所)
         I道の駅「清水の里・鳥海郷」 (担当:鳥海ダム調査事務所)
        J秋田県立博物館 菅江真澄資料センター


実施内容:
         @キャンペーンを実施している施設においてクイズラリーを実施。
           さらにそれをPRするチラシの配布(秋田県内外の道の駅・高速道路サービスエリアや
           キャンペーン実施施設)(※資料−1
     Aパネル展を実施している道の駅等「てんのう」「しょうわ」「協和」「仙岩情報ステー
           ション」において、各地域の菅江真澄研究会等と連携したボランティアガイドの実施。
     (※資料−2
     (実施日については
      http://www.thr.mlit.go.jp/akita/etc/masumi/index2.html
      でも紹介致します。)


 (参考1)菅江真澄(1754年〜1829年)について
  三河の国(愛知県東部)に生まれ、江戸時代の中期から後期にかけて活躍した紀行家です。
  30歳ころに故郷を旅立ってから、今の長野、新潟、東北、北海道など北の国々を巡り歩きました。最も長く滞在したのは秋田で、76歳で仙北郡でなくなるまでの延べ29年間を過ごしました。
  菅江真澄は行く先々で様々な事柄を絵図や文章で記録しています。200冊にもおよぶ著作のうち、89冊は国の重要文化財にも指定されています。

                 発表記者会:秋田県政記者会・能代記者クラブ・鷹巣記者クラブ・大館記者クラブ


問い合わせ先
秋田河川国道事務所
秋田県秋田市山王一丁目10-29        (018)823-4167
    副所長       津谷 昌彦
      調  大江 真弘

湯沢河川国道事務所
秋田県湯沢市関口字上寺沢64-2        (0183)73-5300
    副所長      高橋 敏彦
         上林 喜久男

能代河川国道事務所
秋田県能代市鰄渕字一本柳97-1        (0185)70-1001
    副所長       高橋 武美
      調  戸島 孝彦

森吉山ダム工事事務所
秋田県北秋田市米内沢字東川向5        (0186)72-3016
    副所長       石川 進作
      調  稲邊 重広

鳥海ダム調査事務所
秋田県由利本荘市桜小路32-1        (0184)23-5308
    調査設計課長  加藤 孝