記者発表資料
平成18年7月20日
岩手河川国道事務所
胆沢ダム工事事務所
北上川ダム統合管理事務所 



  


  河川等においては、従来から巡視や施設点検を実施してきたところですが、小中学生をはじめとした一般利用者が増加する夏休みを前に、利用を前提とした施設整備を進めていることを踏まえ、利用者の自己責任による安全確保を心がけていただくことと併せて、施設の安全利用に資することを目的として、安全利用点検を実施しました。
 なお、河川等はもともと危険性を内包しているため、利用に伴う危険は、本来利用者自らの責任により回避されるよう努めていただくことが必要となります。


 点検は、北上川上流直轄管理区間内の河川、砂防施設及びダム(四十四田ダム・御所ダム・田瀬ダム・湯田ダム・石淵ダム・胆沢ダム)における以下の箇所で行いました。

 河川施設にあたっては、
  @水辺プラザ等河川に親しむ利用を目的として施設を設置している区域。
  A日常、人の集まりやすい場所にある水門・樋門等の河川管理施設。

 ダム施設にあたっては、
    Bダム管理区域内において湖畔の水辺に親しむことを目的として、施設を設置した区域及び水辺に親し
      む利用者等が日常的に見られる区域。

  砂防施設にあたっては、
  C水辺に親しむ利用等を目的として砂防施設管理者等が設置した区域。
  D水辺に親しむ利用等を目的として砂防施設管理者等が設置した区域ではないが、水辺に親しむ利用等 
      が予想される区域。

 なお、今回の点検は、山奥や天然河岸、中州、流水部などの自然区域や水面及び立入禁止区域の点検は、対象としておりません。


 安全利用点検はおおぜいの人が集まりやすい夏休み前に実施しましたので、点検実施結果の概要についてお知らせします。
 点検結果はこちら(78KB)


 利用者に対する重大な危険又は支障があると認められた箇所は、立入規制等を含む応急的な措置を施し利用者への危険の周知を行っています。さらに洗掘等不具合のある箇所については、詳細な点検を実施し、必要に応じて対策を実施します。
 また、夏休みに合わせて、主に水面部の利用等を対象とした管理施設について、同様の点検を行う予定としております。
 復旧(488KB)・立入制限等(411KB)


<記者発表会:岩手県政記者クラブ> 


問い合わせ先
【河川・砂防】
国土交通省 東北地方整備局 岩手河川国道事務所
盛岡市上田4丁目49−1
TEL:019−624−3131(代)
河川管理課長 武田 正克(内線331)【河川】
工務第一課長  長内 伸夫(内線311)【砂防】

【ダム】
  国土交通省 東北地方整備局 胆沢ダム工事事務所
奥州市胆沢区若柳字下松原77
電話:0197−46−4711(代)
   工務課 専門職 金枝 富勝(内線310)

国土交通省東北地方整備局北上川ダム統合管理事務所
盛岡市下厨川字四十四田1
電話:019−643−7831(代)
管理第一課長 小松 洋亮(内線331)