記者発表資料
平成18年7月7日
新庄河川事務所


河川施設、砂防施設の夏休み前の安全利用点検を実施します


 近年、河川が多くの皆さんのレクリェーション活動の場として、多くの人達に利用されるようになりました。そのため新庄河川事務所では、河川管理者も地域からの要望を受け、自ら河川利用に配慮した施設整備を行うなど、利用者が川に親しみやすい環境を目指しているところです。
 新庄河川事務所においては、普段から河川巡視や砂防設備点検等を実施し、安全の確認を行っているところですが、7月は河川愛護月間であり、また子供達が夏休みに入ることから多くの人達が河川と親しむ機会が増えると予想されます。そのため今回は、特に人が集まりやすい施設や一般の方々が利用することを目的として作られた施設をより安全に利用できるよう点検するものです。

1.点検日、点検箇所
 別添のとおりです。多くの人達が集まる施設や水辺を中心に点検します。

2.点検者
 点検は、別添の日程と箇所について、新庄河川事務所職員と関係行政機関が連携して行うとともに、地域住民も同行し点検を行います。

3.点検内容
 施設の陥没等で人がはまりこむ危険性がないか、高所からの落下の恐れ等がないか、目視、触診による点検を行います。

4.点検後の措置
 点検の結果、危険箇所については、記者発表やホームページ上で公表し、周知に努めますが、当面の危険を回避する措置として、ロープやバリケード等による立入規制、危険看板を設置することで周知を行います。また、抜本的対策も並行して進めます。

5.その他
 今回の点検では、山形県の河川管理担当者にも一緒に直轄河川管理区間について点検してもらうと同時に新庄河川事務所職員も一緒に指定管理区間(山形県管理)を点検し、より連携を深めることとしています。

別添(河川編)(86KB)
別添(砂防編)(318KB)

             <発表記者会:新庄新聞放送記者会>


問い合わせ先
国土交通省 新庄河川事務所
  新庄市小田島町5−55
  電話 0233−22−0251(代)
                       
河川管理施設  管理課長   高橋 正博
                        
砂防施設    工務第二課長 渋谷  奨