記者発表資料
平成18年7月5日
青森河川国道事務所


  
市民ボランティアによる植裁イベントの開催について



 我が国においては、毎年のように各地で台風、梅雨、融雪等に起因した洪水により甚大な被害が発生しており、岩木川流域においても平成16年9月末の台風21号通過による洪水や、平成17年4月の融雪出水など、まだ、記憶に新しいところです。
 「弘前地区河川防災ステーション」は、災害時においては水防活動の支援など危機的状況に迅速かつ的確に対応するための危機管理の拠点施設として、また、平常時は、河川環境の学習や河川情報の発信基地として弘前市和田地区に整備され、昨年の7月24日より一般公開し広く市民に利用されております。
この度、「弘前地区河川防災ステーション」が一般公開後1年経過しました。また、本施設周辺域は 津軽の母なる川・岩木川から岩木山を望む優れた景観の場所でもあることから、多くの市民に利用してもらえるよう堤防天端の散策路や植裁帯等を追加整備しております。
 よって、下記のとおり「一般公開1周年記念・植裁イベント」を開催にあたり、植裁作業にボランティアで参加していただける方を募集しておりますので、報道各社へお知らせいたします。

                      記

  1.共  催  : 岩木川と地域づくりを考える会
           弘 前 市
           国土交通省青森河川国道事務所

  2.開催日時  : 平成18年 7月24日(月) 
           午前10時〜11時ごろを予定

  3.開催場所  : 弘前市大字和田地内
           「弘前地区河川防災ステーション」(富士見橋の上流約300m)

  4.次第(案) : 開 会
            挨 拶
             市民ボランティアによる記念植裁
           (藤崎園芸高校生徒の指導によるナデシコ他のポット苗の植裁)
             閉  会

  5.募集内容等:  下記別紙のとおり


問い合わせ先
国土交通省 東北地方整備局 青森河川国道事務所
  河川管理課長  畠山 正文 TEL 017-734-4590
  藤崎出張所長  長崎 有司 TEL 0172-75-3314