記者発表資料
平成18年6月30日
青森河川国道事務所


平成17年度 道路交通センサスにおける
東北地方の結果概要について


 17911使調調
 調4,3682,99324510調26,595.5km
 調11調



         調 




■調査結果の概要
 この度、道路交通センサス一般交通量調査の結果がまとまりましたので、概要を公表いたします。

○東北管内の交通量最大区間は、一般国道4号(仙台市宮城野区)で6万2千台/12h。

○乗用車の平均交通量は、全国を上まわる増加傾向。
 貨物車は全国より減少傾向。

○夜間交通量の割合は、高速自動車国道で減少傾向。一般国道は横ばい。

○人口集中地区の平均旅行速度は、20.9km/hと全国とほぼ同水準であり、平成11年から0.7km/h上昇。

○歩道設置、4車線化、道路緑化等の道路整備水準は、全国よりも低い水準にあるものの、順調に進展。


       
       

17 調


問い合わせ先
国土交通省 東北地方整備局 道路部 道路計画課第二課   TEL022−225−2171
        課   長  伊藤 友良( )(内線4251)
        建設専門官   森  日吉( ) (内線4256)