記者発表資料
平成18年6月22日
国土交通省七ヶ宿ダム管理所
白石市 民生部 生活環境課
蔵王町 総務課


災害情報の伝達で連携を強化


国土交通省七ヶ宿ダム管理所(所長 白浜浩)と白石市(市長 風間康静)及び蔵王町(町長 村上英人)は、この度、七ヶ宿ダムの放流警報設備を利用した災害情報の伝達を支援する協定を締結する事となりましたのでお知らせします。

 この協定は、白石市・蔵王町が一般住民に対し行っている従来の災害情報伝達手法に加え、白石川沿いに配置されているダム放流警報用スピーカーや電光表示板を活用する事により、災害情報を沿川住民に対し、迅速に伝達するための支援を目的としています。
 つきましては、下記日程により締結式を行います。


              記

1.日  時   平成18年6月26日(月) 午後2時00分

2.場  所   白石市役所 応接室(3階)

3.次  第   ・締結趣旨説明
         ・調印
         ・挨拶
         ・懇談


○協定の目的
 今回の協定は、ダム下流河川の周辺で出水等による被害が想定され、白石市・蔵王町が住民に対し避難情報等を伝達する場合に、ダム放流警報用スピーカーや電光表示板を情報伝達手段として活用し、地域住民への迅速な情報伝達を支援する事を目的としています。
 この協定は、近年、全国的に多発している集中豪雨及び台風等の豪雨災害で明らかになった課題に的確に対応するため、国土交通省で策定した「豪雨災害対策緊急アクションプラン」(平成16年12月)を受け、ダム管理者が保有する施設を自治体へ開放するため締結したものであり、今後の災害情報伝達の有効な手段として期待されます。

○ダム放流警報設備による情報提供の概要
 伝達する内容:白石市・蔵王町が発表する出水等の災害情報、避難支援情報など
 伝 達 方 法:放流警報用スピーカーによる音声放送、電光表示板による文字情報
 利用可能施設:七ヶ宿ダム(国土交通省)所有のスピーカー23基、電光表示板6基

警報所一覧表(PDF形式)(211KB)

                                                       ※発表記者会:仙南記者クラブ

河川管理者が使用している表示例
河川管理者が使用している表示例

自治体の要請による表示例
自治体の要請による表示例


問い合わせ先
国土交通省 東北地方整備局 七ヶ宿ダム管理所
 TEL 0224-37-2122  FAX 0224-37-2471
 ホームページ http://www.thr.mlit.go.jp/shichika/
 管理所長 白浜  浩
 管理係長 齋藤 昭二

白石市役所 民生部 生活環境課 交通防災係長 遠藤輝雄
TEL 0224-22-1314  FAX 0224-22-1316

蔵王町役場 総務課長 遠藤俊一
 TEL 0224-33-2211  FAX 0224-33-4159