記者発表資料
平成18年6月6日
秋田河川国道事務所


 
 
  


 

●『総合流域防災協議会』は、豪雨災害等による水害・土砂災害に対し、総合的な対策を進める事を目的
 としたものであり、東北地方整備局管内においても、平成17年度に管 内の河川を17圏域に区分し
 て設置しており、「米代川圏域・雄物川圏域・子吉川圏域」もその一つであります。
●「米代川圏域・雄物川圏域・子吉川圏域」の協議会では、東北地方整備局と秋田県とが連携し、河川・
 砂防事業等の直轄・補助事業の連携、調整を図り、効果的、効率的な治水対策等を展開していきます。
●今回、各圏域の河川・砂防について中期的(5カ年程度)な水害・土砂災害対策の整備について協議を
 行います。

 【開催日】    
 【協議テーマ】
   @ 
      A 
      B 
      C 

●会議の公開について
 
 

          


問い合わせ先