記者発表資料
平成16年8月26日
郡山国道事務所


 


 郡山国道事務所においては、限られた予算の「効率的かつ重点的な活用」が求められており、「真に必要な社会資本」について、戦略的・重点的な事業の実施を図ることとします。平成17年度概算要求では、これまでに引き続き「強い東北の創造」「安全で安心できる地域づくり」「魅力ある都市づくり」「美しい東北の実現」など『東北に暮らす人々が誇りと生き甲斐を感じながら生活を営む地域』を実現するため、「地域との対話を重視」し、地域の皆様と一緒に考え効率的・効果的な事業の実施を図ります。
 なお、主な事業内容はつぎのとおりです。


 ●郡山市街地の渋滞解消、交通安全の確保を目的とした地域高規格道路、
  において、
  ます。(詳細)

 ●交通混雑の緩和を目的とした、地域高規格道路
  において、塩川I.Cから湯川I.Cのするとともに、塩川I.Cから起点(喜多方市側)
  に向けての用地買収を促進します。(詳細)

 ●交通混雑の緩和や沿道環境の改善を目的とした、において、早期工
  事着手に向け調査・設計を促進します。


 ●現在、歩道未整備区間で、自転車での通勤通学に利用されている
  において、誰もが安全・安心して快適に通行できる歩行空間の確保を目的とした歩道整備を行
  います。H17年度は事業を促進します。(詳細)

 ●休日や観光シーズンの交通混雑の解消や冬期の交通安全確保を目的とした、
  しろ)拡幅』においてH17年度2車線供用(暫定)を目標にバイパス部の工事を促進します。(詳細)

 ●防災・震災対策の推進を図るため、平成8、9年度道路防災総点検において対策が必要となった箇所
  のうち、被災による影響が大きく緊急性の高い(郡山市深
  田台(ふかだだい))において、3箇年計画で進めてきた事業の完成を目指します。(詳細)
また、
  49号『
藤(ふじ)地区』(福島県河沼(かわぬま)郡柳津(やないづ)町)において落石の危険が
  ある箇所の対策を実施します。(詳細)

【魅力ある都市づくり】
 ●交通混雑の緩和を目的とした、4号『白河(しらかわ)拡幅』において、米村道北(よねむらみちき
  た)交差点から阿武隈川間の用地買収を促進するとともに工事に着手します。(詳細)

 ●都市計画道路大町横塚線と連携し、交通混雑の解消と交通安全の確保を目的とした4号『大町(おお
  まち)交差点改良』『若葉町(わかばちょう)交差点改良』において、事業を促進します。(詳細)

 ●都市防災の機能を高め、都市景観の向上を図るとともに、安全で快適な歩行空間を確保する目的で、
  引き続き電線類地中化を推進します。

【美しい東北の実現】
 ●交通不能区間の解消を図り、新たな地域間交流・連携の強化や経済活動の活性化が期待される、28
  9号『甲子(かし)道路』の要となる甲子トンネル工事を促進します。(詳細)

 ●管内の4号・49号(管理延長204km)の保全等を図る維持修繕や交通安全事業の整備を促進し
  ます。さらに、都市部において沿道環境の改善を図るため、低騒音効果のある高機能舗装の促進を図
  ります。


  ※本資料につきましては同じ内容で、県政記者クラブに同時に発表しております。


            <<詳細資料(PDF)>>



問い合わせ先
国土交通省 東北地方整備局 郡山国道事務所
      TEL 024-946-0333
 副所長  赤川 正一(内線204)
 副所長  阿部 義博(内線205)