テキスト ボックス: 新分野・成長分野進出・新技術
テキスト ボックス: 【建設企業の新分野進出・経営改善等に対する支援の経緯】
平成ヘイセイ15年度ネンド平成ヘイセイ20年度ネンド
テキスト ボックス: 【新分野進出モデル事業】等
 平成15年度から平成20年度まで、建設企業による農業、林業、環境、介護や施工関連分野(維持管理等)などの新分野への進出に関して、モデルケースと認められる先導的な事業者を発掘し、当該事業者に対して助成(平均300〜400万円)。取組結果を広く普及・啓発。(6年間の累計助成件数:415件)
テキスト ボックス: 先駆的・革新的な企業の
発掘・事例紹介
ホップ
平成ヘイセイ21年度ネンド平成ヘイセイ22年度ネンド
テキスト ボックス: 【建設業と地域の元気回復助成事業】
 地域の中小建設企業の団体が、その保有する人材、機材、ノウハウ等を活用して、農業、林業、観光、環境、福祉等の異業種団体及び地方自治体との連携により協議会を設立して実施する、地域の活性化事業に係る検討や試行的実施に必要となる経費を助成。(156協議会を採択し、上限2,500万円の範囲内で助成。事業期間は、最長で平成23年2月まで)
ステップ
平成ヘイセイ23年度ネンド
テキスト ボックス: 【建設企業の連携によるフロンティア事業】等
 2以上の建設企業の連携体が、新規雇用することにより、維持管理、エコ建築、耐震、リフォーム等の成長が見込まれる市場の開拓や農林業等の異業種での本格的事業化を図るための検討や、試行的実施に必要となる経費を助成。(91件の連携体を採択し、上限1,000万円の範囲内で助成予定。事業期間は、最長で平成24年12月まで)
ジャンプ
テキスト ボックス: 新分野進出モデル構築支援事業
テキスト ボックス: 地域における中小・中堅建設業の新分野進出・新市場進出事例
テキスト ボックス: 建設企業の新たな挑戦〜展開事例・支援施策集〜
テキスト ボックス:  建設業は住宅、社会資本整備の担い手、災害・除雪などへの対応など、地域を支える重要な産業です。しかしながら、建設投資の大幅な減少、金融機関の融資姿勢の厳格化、景気後退による民間需要の落ち込みなどにより、建設企業を取り巻く経営環境は一段と厳しさを増しています。
 こうした中、建設業が今後生き残っていくためには、これまでとは違った視点で、従来の事業領域にとらわれず、成長が見込まれる分野へ事業展開を図っていくことも重要です。
 とはいえ、全く未知の領域へ足を踏み出すには相応のリスクがあり、容易なことではありません。まずは、情報をいかに収集するかが重要です。
 そこで、これから新たな事業展開に挑戦しようとしている皆様のお役に立てればと考え、本サイト「建設企業の新たな挑戦〜展開事例・支援施策集〜」を作成しました。
 まず、事例集については、既に新たな分野に進出して継続的に事業を行っている建設企業の方に電話インタビューを行い、成功のポイント、経験に基づくアドバイス、ご苦労された点、活用された公的施策などをまとめました。
 また、支援施策集については、関係省庁が行う成長分野展開支援について目的別、分野別にコンパクトにまとめました。
 このサイトに掲載した事例集及び支援施策集を、建設企業の皆様に効果的に活用していただき、新たな事業展開の挑戦の一助となれば幸いです。
内容ナイヨウについてはこちらから→国土コクド交通コウツウ本省ホンショウへリンク!
テキスト ボックス: 建設業と地域の元気回復助成事業
テキスト ボックス: 建設企業の連携によるフロンティア事業
テキスト ボックス: ノウハウ・技術移転支援事業