立地適正化計画
 我が国の都市における今後のまちづくりは、人口の急激な減少と高齢化を背景として、高齢者や子育て世代にとって安心できる健康で快適な生活環境を実現すること、財政面及び経済面において持続可能な都市経営を可能とすることが大きな課題です。
 こうした中、医療・福祉施設、商業施設や住居等がまとまって立地し、高齢者をはじめとする住民が公共交通によりこれらの生活利便施設等にアクセスできるなど、福祉や交通なども含めて都市全体の構造を見直し、『コンパクトシティ・プラス・ネットワーク』の考えで進めていくことが重要です。
 このため、都市再生特別措置法が改正され、行政と住民や民間事業者が一体となったコンパクトなまちづくりを促進するため、立地適正化計画制度が創設されました。

■参考:国土交通省ホームページ(立地適正化計画)
◆東北地方整備局の取り組み
 東北地方整備局では、これまで独自に取り組んできた「東北発コンパクトシティ」の理念を前提に、その実現に向けた立地適正化計画の策定に資する観点から、先行的に具体的な取り組みを進めている市町村の検討プロセスを事例集として取りまとめました。
「東北発コンパクトシティ」実現に向けた「立地適正化計画」検討に係る事例集(平成28年6月)  
◆(参考)管内市町村の策定状況
【青森県】
むつ市 NEW
【岩手県】
花巻市 

建政部のトップページに戻る