復興祈念公園

東日本大震災は広域にわたり甚大な被害が生じた未曾有の大災害であることに鑑み、国が地方と連携して、犠牲者への追悼と鎮魂や、日本の再生に向けた復興への強い意志を国内外に向けて明確に示すこと等を目的とした、復興の象徴となる「復興祈念公園」を整備することが求められています。

岩手県陸前高田市高田松原地区においては、復興庁、岩手県及び陸前高田市により、宮城県石巻市南浜地区においては、復興庁、宮城県及び石巻市により、復興祈念公園の基本計画の検討が進められてきました。

このたび、「高田松原津波復興祈念公園基本計画」及び「石巻市南浜地区復興祈念公園(仮称)基本計画」が策定されました。

東北地方整備局は、復興庁より支出委任を受け、両基本計画を検討して参りました。

岩手県における復興祈念公園の検討状況については、下の「岩手県」のバナーをクリックして下さい。