川の蛇行区間に多数の淵と瀬があります。
瀬から淵へ水が移る時には、小さな滝となって落ちていきます。

川の蛇行区間に一対の淵と瀬があります。
瀬から淵へ水が移る時はなめらかで、水面が少し波立ち、早瀬になっています。

川の蛇行区間に一対の淵と瀬があります。
川の勾配がゆるく、水面の波立ちがほとんどない平瀬となっています。