[ ▲H26年度 記事一覧へ ] [ TOPページへ戻る ]



   今日は南パトロール(三戸方面)。胸騒ぎの予感が・・・。

 
  

   悪い予感は当たっていました。南部町の剣吉地先(距離標641.800kp下り)でガードレール損傷を発見!これはただ事で
  はないと、道路下をのぞくと10m下には転落車両が・・・。

転落車両を発見!

ガードレールは大破! 道路脇縁石を乗り上げ10m下へ転落

 
   

 
   

大型トレーラーの為、撤去するにも一苦労 何とか撤去に成功しました

 
  

   国土交通省は、盛土構造の道路を津波や洪水の際に堤防や避難場所として機能するよう改修するなど、日頃使用して
  いるインフラを防災に活用する地方自治体向けの事例集をまとめました。事例集は、既存の盛土道路に避難用の階段を
  設置したり、下水道管を利用して学校にマンホールトイレを設置したりした事例を写真を付けて紹介しつつ、導入手順や苦
  労した点などを解説しています。

 
   3.11東日本大震災で盛土構造の仙台東部道路が「高台」としての機能を発揮し、逃げ込んだ住民の
  230人が命を取り留めたことがヒントとなりました。


   
   



[▲ページ先頭へ戻る] [▲H26年度 記事一覧へ] 

<< 前の記事へ     次の記事へ >>




もう除雪は始まっている。 道路ユーザー全てが対象。 機械だけが除雪ではない。 冬の安全・安心を守る。 雪道を啓(ひら)く。 地元住民との協働。