[ ▲H23年度 記事一覧へ ] [ TOPページへ戻る ]

今日は北パトロール(野辺地方面)。天気はくもり。
夏の甲子園・決勝へ勝ち進んだ光星学院、惜しくも準優勝。残念でしたね〜!
     
夏の甲子園も終わり、いよいよ秋の到来か!節電の夏にとっては、涼しい秋が待ち遠しいですね。
今回のパトロールでも、維持業者さんによる除草作業が行われていました。
快適なまちづくりを目指し、当出張所もがんばっていく所存です。




   
道の駅しちのへで建築中だった足湯とジェラート店が開業いたしました。
参照) 
足湯などが設置されたのは、土産品などを販売する物産館の正面入口近く。
足湯の湯船部分は長さ3.75m、幅60p、深さ30p。長いすに腰を掛けながら8〜9人が利用できます。
お湯は、北海道産の鉱石を使った人工温泉で、温度は42度。午前10時から午後5時まで利用できます。
また、ジェラート店では県産リンゴのふじを使ったもののほか、ミルクや抹茶など14種類の味が味わえます。
8月4日にオープンしたばかりの足湯     温度は42度。いい湯加減でした。
 
北海道産の鉱石を使った人工温泉     すごく美味しいと評判のジェラート店
      夏休みと言うこともあり、家族連れが目立っていました。
                       近くへお越しの際は、ぜひ「道の駅しちのへ」にお立ち寄りを



     
来月オープン予定のイオン七戸SC 「がんばろう!東北」の文字も健在(参照)
東北新幹線七戸十和田駅前に建設中の大型商業施設「イオン七戸ショッピングセンター(SC)」が
完成間近となりました。
開店の様子は来月の道路パトロール日誌で紹介したいと思います。お楽しみに〜。

            
 まえがきでも触れましたが、夏の甲子園で被災地・八戸市の光星学院が
「がんばろう!東北」を合言葉に快進撃を見せてくれました。
青森県勢としては、2度目の決勝進出。
「出れば負け」という悲しい時代を知っている私にとってはまさに夢のまた夢でした。
残念ながら、決勝では敗れてしまいましたが、被災地・東北に希望と勇気を与えてくれました。
(パトロール中にお会いした秋田県から来たという方も光星学院の奮闘ぶりを称えていました)
 さて、皆さんにとっての「甲子園のヒーロー」は誰ですか? なんとなく年代がわかるこの質問。
私は小学校の時に見た桑田真澄投手(PL学園)。同じ学年の清原和博選手とともに大活躍しました。
(巡視員さんは江川卓投手(作新学院)。まさに「怪物」だったとのこと)
光星学院の活躍はきっと被災地復興の大きな弾みとなったことでしょう。
東北は確実に、一歩一歩、元気を取り戻しつつあります。

[▲ページ先頭へ戻る] [▲H23年度 記事一覧へ] 

<< 前の記事へ        >> 次の記事へ




Q&A Q&A