[ ▲H23年度 記事一覧へ ] [ TOPページへ戻る ]

   
 私どもは、道路工事の監督業務を行っている関係で、この炎天下で働いている現場作業員の皆さんへの
熱中症対策の指導を行っております。
 このホームページの読者の皆さんにも参考になるかと思いますので、ご紹介します。
   
   「熱中症」とは、暑さによって起こる障害の総称で、大きく分類し以下の4つに分かれます。   
 
1.熱けいれん ・・・ 四肢や腹筋などに痛みを伴ったけいれん  
    汗で体内の塩分が不足すると、足や腹部などの筋肉がけいれんを起こすことがあります。
    水だけしか補給しなかったときに起こることも。  
 
   
   
2.熱失神 ・・・ 数秒程度の失神  
    皮膚の血管が広がることで血圧が低下してしまい、脳への血流が低下してめまいや、
    失神を招くのが熱失神です。
    顔面蒼白で弱い脈が特徴です。  
   
3.熱疲労 ・・・ めまい、疲労感、脱力感、吐き気、頭痛、嘔吐等  
    汗をかきすぎると、水分と塩分の両方が失われ、血圧が下がって顔が青白くなり、めまいや吐き気、
    強い疲労感を生じ、ひどくなると失神することがあります。
    放置すると熱射病に進行する危険があります。   
   
 
   
4.熱射病 ・・・ 意識障害、過呼吸、手足が動かない、おかしな言動・行動  
    体温が急上昇し、大量の汗が出て顔が紅潮します。症状が進むと汗が出なくなり、唇や舌など、
    全身が乾燥します。
    体温が40度以上になると意識が混濁し、意識不明になるなど大変危険な状態になります。  
    
 
   
 一番、肝心なのは上記の症状が見られたら、まずは救急車を呼びましょう  
   


  
 熱中症の発生には、気温、湿度、風速、輻射熱(直射日光など)などが関係します。
気温が同じでも湿度が高い方が発生しやすくなるなど、単に気温が高いから発生するわけではありません。
また、体調が悪い日に運動をする、暑い日が続いたときよりも梅雨の合間に急に高温になるなど、その人の体の状態や、暑さへの体の慣れがないときの方が発生しやすくなります。
 
こうした体調や環境などにより、次の2つが起こることで熱中症を招きます。
@産熱量(体内に生じた熱)より放熱量(体から発散する熱)が少なくなり、体温が上昇する。 
A発汗により体内の水と電解質(塩分などのミネラル)が体内のバランスをとれないレベルまで失われる。


      
 熱中症の予防には、高温多湿、無風、日ざしが強い、などの日は、水を定期的に補給すること、風通しがよく汗を速く乾かす素材でできた白っぽい色の服装にすることなどが大切です。
また、外にでるときは、帽子を忘れないようにしましょう。
 運動などを長時間行うときは、15分〜1時間おきに休息をとり、水分をこまめにとるようにしましょう。
気温が30度以上のときは注意し、35度以上のときは原則として運動は控えましょう。
睡眠不足や体調不良、二日酔いのときには、とくに注意してください。
 


 「脱水症状」とは、体内の水分量が不足して起こる症状のことで、熱中症だけでなく、心筋梗塞、脳梗塞などにつながる危険があります。とくに高齢者や子どもは体内の水分量が少なかったり、のどの渇きを感じにくいのなどの理由で脱水症状を起こしやすいので、近くにいる方が注意をはらいましょう。


 
 3.11東日本大震災の影響もあり、今年は各省庁、各自治体、民間企業等約15%の節電計画が求められています。残念ながら、今年も昨年と同じような猛暑が予想されます。これに比例するかのように、熱中症で搬送される患者が急増しているそうです。「冷房を控える意識もあるだろうが、無理せず涼を取るように心掛けてほしい」(八戸消防本部:談)「まずは健康第一」でこの夏をのりきりましょう!

[▲ページ先頭へ戻る] [▲H23年度 記事一覧へ] 

<< 前の記事へ         >> 次の記事へ