青森国道の道路管理日誌(9月版)
 当面のところブログ形式非対応のため、ご意見等はあおこくTopページよりメールにてお願いします。
9月になりました。試験的に始めたこの日誌も2ヶ月目に突入です。今月からは最新版が上に来る用に作成してみます。
2006年9月30日(土)
雨上がりの窪み
 今日のパトロール報告は、路面のポットホールが1件でした。雨が降るとポットホールが細かなモノまで見えやすくなります。
 落下物はダンボール箱の散乱が1件、でした。
2006年9月29日(金)
コンクリート出入口が傷んでいる
 今日のパトロール報告は、路面の剥離が1箇所と亀裂が1箇所でした。写真は国道4号のコンビニ入口部分。大昔に作られた水路をまたぐ出入口だったのですが、後年、コンビニが進出したために大型車の出入りによって痛んだものと推測されます。全く新規で造成から始まる事業計画の申請だと、こういった部分にまで指導できるのですが、土地の持ち主や事業のみが切り替わると今回のようなケースが発生します。
 とりあえずは破損状況をもう少し詳細に確認してみます。
 落下物、ロードキルはなし、でした。
2006年9月28日(木)
細かなところを良く見つけてくれました。
 ポリシーに反してこれだけは言わせてください。
体制明けは眠い・・・
 
 今日のパトロール報告は、デリネーターの反射鏡の欠損が5基。下の写真はガードパイプのボルトナットのゆるみ。よくぞ見つけてくれました!
 落下物は板材、車のマフラー×2個、自動車用チューブと4件でした。

2006年9月27日(水)
大雨な1日
 管内のプラタナスの剪定が終わりました。例年より早い時期の剪定であることを考慮し(詳細はTopics参照)、休眠期まで光合成が行えるよういくらか葉を残した形で剪定を行っています。
 今日のパトロール報告は、雨のため、水に関連した部分を要注意していたところ、国道4号平内パーキングのトイレで雨漏りが発見されました。確か築15年くらいになるはずの木造建物ですがあちこち痛み始めてるのが実感^^;
 落下物は木片、石、コンクリート塊と3件、ロードキルはなしでした。

 なお、夜半(28日午前3時)、国道4号平内町小湊で時間連続雨量80oに到達。大雨災害注意体制に入り、国道4号平内方面の道路巡視を行いました。今のところ特に異常は発見されておりません。
2006年9月26日(火)
不法占用看板
 今日のパトロール報告は、不法占用の看板やのぼり旗を4件ほど発見。ちなみに、青国管内では、これらのほとんどは不動産や住宅関係のもので、たまにプロレスの看板があるくらい。
 なお、法律を守らない不動産や住宅関係、それらの物件の信頼度は如何ほどでしょうか。
 落下物はワイヤーと木片で2件、ロードキルはなしでした。
2006年9月25日(月)
北海道から来るゴミ捨てドライバー

写真だと判りにくいですがセブンイレブンの弁当殻でした。
 今日のパトロール報告は、またしてもゴミ散乱について、です。今回は場所の説明用にイラストもつけてみました。

 赤丸のこの場所は、周囲からくぼんだ地形となっているせいか、走行車両がゴミを捨てていく常習地帯となっています。雑草等を除去し綺麗に保てば次第にマナーも向上していくのではないかと、防草対策と合わせて清掃活動を行っていますが、一向に改善されません。捨てる瞬間の目撃報告も多々あり、フェリー利用者が捨てていくのだ、と言われています。
 某フェリー会社に以前、船内のゴミ処理の仕方について問い合わせたところ、船内の扱いはしっかりしていると回答を頂きましたが、同時に、ここを汚しているのはフェリー利用者もいるかもしれないけど主に青森市民でしょう、とも言われました。実際見たことがあると。
 実際見たことがある人に言われれば否定しきれませんし、確かに犯人には青森市民もいるかもしれません。ただし、ここを通過する車の交通流を考えると、確率として青森市民というのは考えにくい場所なんですね。道路の交通量や交通流というものは数年に一度、通過ルートはもちろん出発地、目的地等の調査を行っていますので。ここは、中〜長距離利用者で青森以北から高速道路を利用して南下する交通流が主体なのです。
 それで、今回見つけたゴミなんですが、上の写真。セブンイレブンの弁当殻でした。このコンビニ、青森県には進出していません。これだけで犯人にフェリー利用者がいることは確定です。北海道には進出してますからね。
 また、下の写真。見てのとおりで、最近飲酒運転については福岡の事件以降、非常に騒がしくなっている情勢ですが、このゴミ捨ててる人は飲酒運転している可能性が高いわけです。
 現在、ゴミ捨て者の逮捕まで可能かどうか、関係機関への働きかけや監視カメラの設置を検討中です。
 落下物は、鉄くず、アスファルト殻、砕石、ビニルシート、チェーンと多彩な5件でした。ロードキルはなし、です。

ビール缶。他の銘柄もありました。
2006年9月23日(土)
交差点内のエンジントラブル
 今日のパトロール報告は、側溝蓋の消失が1枚、でした。交通状況は全線良好でしたが、国道7号新城山田の交差点内でエンジントラブル中の車両を1台確認しました。整備車がまもなく来るということでしたが、このような場合追突される危険があるため、前後に三角停止板を置いてドライバーはそこから離れたほうがよいです。
 落下物はワイヤー(1m)が1件でした。
2006年9月22日(金)
これも落下物?
 今日のパトロール報告は、風の強い日だったせいか、看板が倒れかかってたり、地下道上屋の被覆シートが破れてたりと・・・
 写真は落下物?地点票がずり落ちてました。
 落下物、ロードキルはなしです。
2006年9月21日(木)
交通安全運動と蜂、動物・・・
 秋の交通安全運動が今日から始まりました。青森市役所前では早朝から「交通安全のぼり旗ロード作戦」が実行され、交通安全対策協議会の各機関の参加の下、国道4号沿いで通勤車両等への交通安全の呼びかけが行われました。

 19日の記事にあるスズメバチの巣、本日撤去完了しました。作業員へも事故等無くて良かったです^^;

 今日はロードキルに関する動物の死骸処理について、いろいろとありました。廃掃法と動物愛護法と自治体の条例によって主に死骸処理の取扱いが決まっているのですが、自治体毎に対応がまちまちで・・・道路管理者が処分場まで死骸を運ぶケースもありますが国道管理延長が長いため、通報があっても即対応出来ない事が多々あります。問題はその間、衛生環境上問題が無いかということなんですが・・・調べてみると衛生管理上から、清掃局を持つ市町村で責任を持ち、HPにしっかり明記している自治体もあるようです。
 自治体毎にも事情があるので何が処理方法の正解か一概には言えませんが、はっきりしていることが二つ。手を合わせて供養するような土葬が今は出来ないこと。ペットは愛護法が適用となりますが野生動物は死ねばただのゴミ扱いにしかならないこと、です。
命には代わりがないはずなのですが・・・

 今日のパトロール報告は、コンクリート舗装のひびわれが1件、側溝の蓋が外されている!?のが1件でした。
 落下物は石の塊が1件、ロードキルはカラスとウサギが1件づつ、でした。
2006年9月20日(水)
路面損傷が少し。
 今日のパトロール報告は、路面の亀裂1件と橋梁ジョイント部のコンクリート欠損1件でした。ジョイント部の損傷については“またもや”ですが、現状では地道にモグラ叩きをしていくしかない状況です・・・
 落下物はダンボール箱が1件。中身は空でした。
2006年9月19日(火)
スズメバチの巣・・・
 写真は国道7号新城山田にある、下り線の青森環状道路分岐T字路の予告案内標識。「400m先」と書かれてる以外は交差点直前にあるものと同じものです(だから“予告”標識なんですね)。
実は先週からこの巣があることに気づいていたのですが、今日のパトロールで再度写真を撮ってきてもらいました。
 日曜日にも警察署から、一般の方からの通報で除去してくれ、と連絡が来ていましたが、取扱いが難しく維持業者でも直接手が出せない為、処理出来る機関を訪ねたりしていたところです。歩道のない側へ作られたのが幸いでしたが、近日中に除去出来る見込みとなりました。

 今日のパトロール報告は、境界杭の損傷が1件、除雪の苦情と要望が1件でした。ねこの死骸処理の最中に、付近にお住まいの方が来て、昨年度の冬期除雪に関する苦情と今期除雪への要望を伝えてくれ、とのこと。
 苦情については今冬はそのようなことが無いように、また要望については100%希望の通りとなるかどうかは定かではありませんが検討したいと考えています。
 落下物は枯れ枝、鉄棒、ござ、ロードキルはネコが1件でした。
2006年9月16日(土)
 特に異常・・・少し有り
 今日のパトロール報告は、集水桝のグレーチング蓋の破損が1件でした。
 落下物はなし、ロードキルでタヌキが1件です。
 国道4号で事故処理が1件ありました。車両衝突により軽油200Lが流出したということで、油吸収剤の散布による路面清掃を行っています。
2006年9月15日(金)
交通事故2件
 今日のパトロール報告は、巡回中に交通事故が2件ありました。写真はそのうち午後に発生したものですが、追突事故で大きな怪我や搭乗者への被害、道路施設への被害は無かったものの、交通の支障となっていたため車両を付近の空き地に移動しました。
 落下物等はなしです。

 連休に入りますので皆様、交通には一層気をつけてください。
2006年9月14日(木)
 デリネーター損傷
 今日のパトロール報告は、デリネーター損傷が2件でした。頭がもげているのが判りますね。結構新鮮な被害のようです。

 落下物は車両パーツ1件、ブルーシート1件でした。
2006年9月13日(水)
舗装剥離、ジョイント損傷
 今日のパトロール報告は、コンクリート舗装目地周辺の舗装の剥離が1件、橋梁ジョイントの損傷が1件でした。
 ジョイントについては9月9日に続いて別箇所の報告でしたが、同様の箇所の一斉点検を行う予定です。
 落下物は金づちとコンクリート塊が1件づつ、ロードキルでタヌキの死骸が2件でした。
2006年9月12日(火)
五寸釘
 今日のパトロール報告は、側溝蓋の破損が1件でした。当面は土のう、カラーコーンで注意喚起しておき、蓋交換を行います。
 
 パトロールカーがパンクしてしまいました。左後輪に五寸釘が刺さってて・・・・・・え〜、責任取ってくれる道路管理者、誰ですか?(苦笑)
 一般車両がその分救われたかと思うとまだ良いですが、釘なんて道路に落とさないで欲しいものです。
 
2006年9月11日(月)
落ち物拾い
 青森の夏は完全に過ぎ去り秋が次第に深まり始めてます。落ち葉拾いの季節となってきました・・・・・・
 今日のパトロール報告は、落ち葉ならぬ落ち物、落下物処理が8件!落下物はかさやダンボール、本、ゴムひも、発泡スチロールetc......日誌報告見て吹き出すとこでしたよ^^;
巡回者ご苦労さまでした。
  その他、放置自転車が1件でした。放置自転車については、写真の赤丸部分ですが、警告札を付けてます。持ち主への連絡用札なのですが、一定期限が過ぎると自転車を回収のうえ、持ち主照会を警察へ行い、それでも持ち主が現れない場合は廃棄物処理することとなります。
2006年9月9日(土)
ジョイント継ぎ目の損傷
 今日のパトロール報告は、ジョイント継ぎ目の損傷が1件でした。
ジグザグ模様の部分が金属製のジョイントで、橋の前後に設けるものです。(橋は車の衝撃はもちろんのこと、温度変化で伸び縮みするので大抵はこういった施設が必要になります。)
 この金属部を舗装と接続するための中間部が結構痛みやすいところです。早急に修繕の手配をします。
 落下物はありませんでしたがロードキルで猫が1件でした。
2006年9月8日(金)
コンクリート舗装目地周辺の損傷
 今日のパトロール報告は、コンクリート舗装目地周辺の舗装の剥離が1件でした。
 9月5日の記事でも紹介してますが、これが実際のコンクリート舗装の“目地”そしてその周辺で起きる損傷状況(今回の場合は剥離)です。
 コンクリートは頑丈な反面、固まるのに通常は1ヶ月かかるので、これらの補修はアスファルトを使用します。その代わり材質の違うものをくっつける為に剥がれやすいんですけどね・・・最近は剥がれにくい新素材が出始めているので試験的に使っているものもあります。
 落下物は木杭が1件でした。
2006年9月8日(金)
夜間パトロール
 前日の9月7日夜に夜間パトロールを実施しました。主に道路照明やヘッドライトを反射する機材関係を点検するものですが、その他地下歩道の照明の点検も行ってます。2箇所ほど不灯箇所を発見しました。
 道路維持に掛かる費用のなかでは電気料も結構馬鹿になりません。節約して暗くしたり点灯時間を短くしたりとチャレンジしてみたいところですが・・・「照度」という明るさの基準や交通安全・防犯上の問題もあり、なかなか着手しづらいものがあります。
 なお、当出張所ではたまに「久栗坂トンネルの照明が他県に比べて暗い。イメージが悪い」と言ったご意見を頂くことがあります。
 実は外の明るさに応じて段階的に明るさを調節するようになっており、確かに暗く感じることはあるのですが、節電の為とご了承ください。自分の経験でもまれに“明るすぎる”トンネルを通過することがありますが、「電気の無駄遣いしてるなぁ」と思います・・・・・・もっとも、一般の方から見るとそれが良いと思うのは当然なんですけどね。
2006年9月7日(木)
立派な枝振りですが・・・
 今日のパトロール報告は、民地からの桜の枝の張り出しについて報告がありました。
 1日の記事と同様、冬期落雪も考慮しなければなりませんが、差し迫った問題としては建築限界内に掛かる枝の剪定をしなければなりません。また、樹勢によっては枝振りを矯正する必要もあります。民地側の木ですから地権者と調整のうえ対応したいと思います。
 落下物、ロードキルはなしでした。
2006年9月6日(水)
遅ればせながら怪獣標識の紹介



ちなみに、これは国道7号を青森市内から弘前方面に南下するとあります。


新聞等で有名なのは国道4号柳町交差点の東側、日銀前にある標識ですね。


 青森の国道を走ると、このように妙な標識がいくつか見つかりますが、これは青森県立美術館を案内する標識です。彫刻家であり特撮番組において数多くのヒーローや怪獣のデザイナーでもあった故成田亨さんの原画が県立美術館には数多く収蔵されているのですが、それら原画の複製を標識として、美術館への案内としたものです。

 開館には間に合わずいろいろと紆余曲折のうえ9月3日に公開となりましたが、美術館関係者の熱意の元、実現となりました。
 当青国ではこの標識について道路占用申請を受ける窓口であったわけですが、なにぶんにも前例のない申請であり対応に苦慮したのが正直なところです。
 原画そのものは諸般の事情によりシンボル化も出来ないことや、交通安全上の配慮から、本来の標識である文字部分とは離させていただきました。
 運転者にとってはあえてじっくりと見られないように車道側からは離していますので御容赦ください。
 同乗者や歩行者はじっくりと見られますのでご覧のうえ、運転者に要求して美術館へ行ってみてはいかがでしょうか(笑)。なお、この標識は国道以外も含めて全部で17枚あるそうです。

 今日のパトロール報告は、歩車道境界ブロックの損傷が1件でした。落下物はドリルの刃が1件・・・・・・そんな物落とすなー!!
2006年9月5日(火)
路面の亀裂と腐った蓋
 今日のパトロール報告は、路面の亀裂が1件と集水桝の鋼板蓋の破損が1件、でした。亀裂については過去に何度も同様の状態になっているところで、アスファルトの下にコンクリート舗装の“目地”が入っているところです。抜本的な改善はコンクリート下の土部分から入れ替えてやることなのですが、国道を長期に渡り完全に通行止めにしてしまうため実質不可能。目地からアスファルト舗装への衝撃を吸収する特殊材料を塗布して部分的に舗装を直す予定です。
 鋼板蓋については徒歩点検で発見しましたが、同様に危険そうなものを見つけた方は是非こちらに一報をお願いします。
 落下物は大きめの石ころが1件、でした。
2006年9月4日(月)
ガードレールの損傷発見
 今日のパトロール報告は、平内町土屋でガードレールのはじ(袖と呼んでいます)が損傷しているのを発見。早急に直します。
 落下物は金属パーツ1件と木の枝1件でした。
2006年9月2日(土)
ずいぶん大胆不敵な犯行が・・・
 今日のパトロール報告は・・・・・・呆然。
よりによって、国道本線脇に車両が捨てられてました。こういうのってあまり人目につかない場所で行われてたものなんですが・・・
ご丁寧にナンバーを外し内装品は全て取り外した上でドアロックして放棄。事件性もあるため、警察とも連携のうえ処理したいと思います。
 落下物は久栗坂トンネル内で一斗缶!そんなもの落とすなよ・・・
2006年9月1日(金)
総合防災訓練でした。
 9月1日は「防災の日」です。国土交通省東北地方整備局においても東北全域に震度6強の地震と太平洋側への津波襲来という想定の元、総合防災訓練が行われました。
 当出張所でも訓練に参加しましたが、これらの経験を実際の有事の際に役立てたいと思います。
 あまりマスコミ等で大々的に取り上げられることは少ないのですが、まぎれもなく、自然災害時、特に大規模災害や広域災害において、道路を守り河川を守り、「国土を守る」縁の下の力持ちは国土交通省(とその職員及び協力者達)です。いざというときには頼ってください。青森国道も及ばずながら力になります。

 今日のパトロール報告は、樹木の張りだし、です。
今は別段問題ないのですが、冬になると氷雪が道路上に落下するおそれがありますので、剪定を考えた方が良さそうです。9月入ったら青森はもう冬支度しないと・・・(笑)

 と、アップ直前に国道4号土屋地区で事故の情報が!
早速、現場対応と事務所への情報伝達に追われていましたが、なんとか目処立ちました。現場からの写メールのみ追加。