秋田は、11月の終わりから3月ごろまで雪の季節が続きます。
ドライバーにとって、雪道というのは厄介(やっかい)なもの。
でも、安全運転の基本さえ守っていれば大丈夫。
ここでは、雪道ドライブの注意点をご紹介しますので参考にしてみてください。
1 雪道といっても
 いろいろあるぞ


2 トンネル、橋も要注意!
 〜意外に見落としがちな
 危険箇所〜


3 持っておきたい便利な
 グッズ


4 チェーンをつける
 タイミング・つけ方
 〜きちんとつけて、
 事故予防〜


5 タイヤだけじゃない?!
 気をつけたい雪国対策


6 出かける前に必ずチェック
〜現地の天気、ルート、
 グッズなど必ずチェック〜
 
次の章へ>>
 
「雪道」といってもさまざま。雪道ドライブの初歩は、そんな「さまざまな雪道を知る」ことから始まります。そこで、まず北国でよく見られる路面状況をご紹介したいと思います。
ミラーバーン
鏡のようにツルツルになっている路面のこと。これはタイヤなどに磨かれることででき、交通量の多い道路や交差点などで見られます。特に交差点では、発進時のタイヤの空転、停車時のスリップなどが起こる原因にもなりますので、特にご注意を。危険度ナンバーワンの路面状況でもあります。とにかくスピードはゆっくり!
アイスバーン
氷のようになった路面のことで、日中気温が上昇して、一旦解けた雪が夜になって再び凍るとこの状態になります。雪道はどんな状態でも危険ですが、ミラーバーンとこのアイスバーンが危険度最上級といえます。無理をせず、安全な速度で運転を・・・。
ブラックアイスバーン
ただの濡れたアスファルトに見えるのですが、実は氷で覆われてるという状態。これといって判断する方法がないので、「路面が黒く見えたら注意!」と覚えましょう。特に、冷え込む夜間や朝方などは要注意。
圧雪路
雪が踏み固められた道、いわゆる「雪道」です。この路面状況のときはこれまで挙げた3つのパターンに比べ、危険度は少ないほうです。でも、あくまでも「比較して」の話ですから油断は禁物。乾燥路面よりも滑りやすいのは間違いありませんので、勘違いしないように。あくまでも「安全な速度」が基本。
シャーベット状
思った以上に危険なのがこれ。シャーベット状の雪のすき間からアスファルトが見えたりして、大丈夫そうに思えますが、水分を含んだシャーベット状の雪は結構滑りやすいのです。
新雪が積もっている状態
一面真っ白な状態で、どこからどこまで道路なのかがわかりにくく、吹き溜まりに突っ込んでしまったり、スタック(雪にタイヤがはまって動けなくなること)してしまう危険性があります。道路の端に路肩を示す棒などが立っていますので、それを目安に走るようにしましょう。
意外に見落としがちなのが、冬の冷たい風が吹きつける橋やトンネルの出入口付近。どちらも凍結しやすい場所なので注意しましょう。また、トンネルの中も湿度が高く凍結の危険性がありますので、油断は禁物です。
雪道での運転は何かとトラブルがつきもの。出発前の車の点検も大事ですが、万が一に役立つグッズはできるだけ用意しておきたいもの。ここでは、持っていると便利なグッズをチェックしましょう。
タイヤチェーン
スタッドレスタイヤだから大丈夫、なんて言わずに持っておきたいのがタイヤチェーン。さまざまなタイプのものが市販されていますので、車のタイヤサイズに合ったもの用意しましょう。
4WDもアイスバーンなどでは万能ではありません。
ジャッキと付属パーツ
パンクのタイヤ交換以外にタイヤチェーンの脱着やぬかるみからの脱出補助等に役立ちます。
ブースターケーブル
冬に最も多いのが電気系統のトラブル。中でも、特に多いのがバッテリー上がりでエンジンがかからなくなってしまうこと。そんなときにはコレ。
けん引ロープ
吹き溜まりなどでスタック(雪にタイヤがはまって動けなくなること)してしまった時、脱出するのに役立ちます。普通のロープでもいいんでしょ?と言わずに専用のものを。
スコップ
山間部などでは、一晩で車が埋まってしまうほど雪が積もることも珍しくありません。除雪作業のためのスコップはぜひとも1本常備を。折りたたみ型の携帯用スコップでも可。
雪かき棒
ボディやウィンドウに積もった雪をしっかり落さないと、視界が狭くなったり、突然屋根の上から雪が落ちてきたりと危険なことばかり。ブラシと霜取り用のヘラが一緒になったものや、伸縮性のあるものまでいろいろ。カー用品店やホームセンターなどで市販されています。
軍手・ゴム手袋
タイヤチェーンを装着するときなどに便利なのが軍手。ただ、雪で濡れると凍ったりしますので、ゴム手袋があればさらに◎。凍ったりしませんし、袖口まですっぽり収まるので、袖口が汚れるのを防いでくれます。
長靴・防寒具
車の中は暖かいので忘れがちなのが長靴や防寒具です。雪道のトラブルで外に出ることが多いので必ず用意しましょう。
懐中電灯
忘れてはならないのが懐中電灯。夜間の作業などには欠かせません。
新聞紙やボロ布
あると便利です。ぬかるみにはまった時や使ったチェーンを拭いたり、チェーン装着の時に下に敷いて服が汚れるのを防ぐのに便利です。
解氷スプレー
長時間駐車していると、ウィンドウに雪が積もるばかりでなく、凍ってしまったりでなかなか大変なもの。そんな時、市販の解氷スプレーがあれば便利。
ゴミ袋
ぬれた物を入れて置けるので便利です。
秋田の車は、ほぼ間違いなくスタッドレスタイヤを装着しています。でも、スキーやスノーボードなど年に数回しか雪道を運転しない、という方には割高感が否めません。そこで、そんな方にしっかりと覚えていただきたいのが「タイヤチェーンの装着方法とタイミング」。あなたは正しい方法知ってますか?
装着のタイミング
雪が多い地方の道路脇には、チェーンが装着できるスペースが用意されています。「まだ大丈夫でしょ」と思わずに、少しでも雪をみかけたらすかさず装着するようにしましょう。装着所がなければできるだけ広い場所を選んで作業を。坂道の途中などは危険なので避けるようにします。
装着のし方
※ここでは、最もオーソドックスな金属性のタイヤチェーンの装着方法をご紹介します。ゴム・ウレタン製チェーンなどは取扱説明書にしたがって正しく装着してください。
【1】まずは表裏を確かめてから、ねじれないようにしてタイヤの前に広げます。
   ※後輪駆動車の場合は、タイヤの後ろ。
【2】チェーンの上にタイヤがまっすぐ乗るように車を移動させます。
【3】内側、外側の順序でチェーンの両端をフックで留めます。
   ※このとき、できるだけ均等にチェーンが張るようにします。
【4】たるみ防止用のチェーンバンドをかけます。ビシッと締めるようにかけるのがコツ。
【5】
チェーンが余っているようだったら、付属のパーツなどでしっかりとチェーンに縛っておきます。
※ はじめての装着が本番では、うまくいかないことのほうが多いもの。まして吹雪など、悪天候の中で作業するとなればなおさら。ですから、購入後はぜひ一度、試しに装着してみることをおすすめします。
ワイパー
冬はワイパーブレードに雪や氷が付着して、ウィンドウのふき取りがままならないこともしばしば。雪がつきにくい冬専用のワイパーブレードは、カー用品店などで売っていますのでぜひ装着することをおすすめします。
ウォッシャー液
冬の運転では、何かとウォッシャー液を使うことが多いので、液量をチェックしておくことが大切です。足りない場合は、しっかりと補充しておきましょう。この時、凍結しないように原液に近い状態で入れるのがポイントです。
燃料
意外に思われるかもしれませんが、軽油は凍ってしまうことがあります。ではどうしたら良いのか?それは、出発時は最低限の燃料で出かけ、できるだけ現地で給油するということ。でも、いくら最低限の燃料でといっても、途中でガス欠にならないよう注意してくださいね。
「今日は晴れてるでしょ」「忘れ物があったら途中で買えばいいや」など、安易な考えはトラブルのもとです。装備品を確かめ、現地の天候を確認し、できれば路面状況までチェックして出かけたいものです。
以下に挙げるチェックリストを参考に、準備万端で出かけましょう。
スタッドレスタイヤに履き替えましたか?
 もしくはタイヤチェーンや付属品は積み込みましたか?
スタッドレスタイヤだから大丈夫と思わずに、できればタイヤチェーンも準備しておきましょう。
軍手、スコップ、ブースターケーブル、雪かき棒など装備は万全ですか?
日帰りだとしても、行き帰りや目的地で短時間に大雪が降る場合もあります。万が一に備えてしっかりした装備で出かけましょう。
冷却液、ウォッシャー液などは充分入っていますか?
できれば上限まで補充しておきましょう。不安なら、ガソリンスタンドや整備工場などで点検してもらうのもいいですね。
燃料は充分入っていますか?
スタッドレスタイヤやチェーン装着時は、普段よりも燃費が悪くなりがちです。また、渋滞やトラブルに巻き込まれる可能性も高いので、満タンに近い状態が理想です。
目的地やドライブルートの天候・路面状況はチェックしましたか?
天候によっては、予定していた道路が通行止めになっていることもあります。ですから、天候チェックは忘れずに。また、インターネットなどで路面状況が確認できればさらに◎。
ゆとりのあるドライブプランですか?
雪道のドライブは「予定通りにはいかない!」と覚えてください。十分すぎるほど余裕を持ったドライブプランでちょうどいいのです。早めに出発、ゆとりのあるスピードが基本です。
▲冬みち便利情報へもどる