HOME 学習 キッズコーナー 自由研究コーナー 災害への備えを考えよう


 いつ起こるか分からない地震や洪水、津波などの災害。災害がおきた時、あわてずに安全に行動できるように、ふだんから準備をしておくことが大切です。
  いざという時のために、災害への備えについて考えてみましょう。

■災害がおきるメカニズム

 災害がどんな原因でどのように起きるのかが分かるページを紹介します。

地震
地球キッズ探検隊 
「地震調査研究推進本部」
地震
地震
■災害と防災に関する情報をネットで見てみよう!
ネットで「防災」「災害」などのキーワードで情報を色々探してみてね!
時系列洪水シュミレーション 
 もし堤防が壊れてしまった時に起こる洪水などの被害の様子を紹介しています。


■ハザードマップ
 自然災害でおこる被害を予測して被害の範囲を地図にしたものを「ハザードマップ」(ハザードとは危険、障害物の意味です)といいます。予想される被害や避難場所なども書かれているので災害の時に役立ちます。
県内で公表されている主なハザードマップ
雄物川・子吉川洪水ハザードマップ
秋田焼山や秋田駒ヶ岳、鳥海山のハザードマップが紹介されています。
鳥海山火山防災マップ「鳥海山全域版」
 (秋田県建設交通部 - 河川砂防課) 
秋田県と山形県にまたがる活火山・鳥海山が噴火した時に起こる災害や備え方が紹介されています。 ネットからダウンロードできます。
湯沢災害ハザードマップ (湯沢市役所)
土砂災害や雄物川がはんらんした時の被害の予測、避難場所などが紹介されています。
みなさんの地域のハザードマップや防災ガイドなどを見て、災害が発生しそうな場所や避難場所を確認しておきましょう。
 
■いざという時に
 災害がおきた時に大切なのはあわてずに安全な場所に避難をすること。いざという時に落ち着いて行動できるように、心がまえをしておきましょう。
  また、地域などで行われる避難訓練には日頃から積極的に参加しましょう。
災害が起きたときの心がまえ
総務省消防庁「わたしの防災サバイバル手帳」
秋田県防災ホームページ「9つの安全キーワード」
首相官邸キッズルーム☆ウェッブ・マガジン「災害にそなえよう」 
■非常持ち出し袋を用意しよう!
災害がおこった時、まずは安全な場所へ避難するのが一番ですが、その時に持って行くことができるように非常用品(水、食料、ラジオなど)を日頃からリュックサックなどに入れて準備しておきましょう。
 
秋田県防災ホームページ「非常持ち出し袋の中身について」
秋田市防災コーナー「非常用持出品」
岩手河川国道事務所「防災確認チェックシート」
■災害用伝言ダイアル
災害が起きた時、安否の確認やお見舞い、問い合わせなどの電話が増えて電話がつながりにくくなってしまいます。災害用伝言ダイヤルは、そんな時に提供される声の伝言板です。→詳しくはこちら
 
 
!研究のポイント!
秋田県や住んでいる地域で起きるかもしれない災害についてまとめてみましょう。
地域の防災対策を調べてみましょう。
お家では災害に備えてどんな準備をしたらいいかを考えてみましょう。
  ワークシートはPDF形式です。
うまく表示できないときは大人の人に手伝ってもらって、ダウンロードしてね。
ダウンロードしたデータはプリンターでプリントアウトして使ってね。
(お家の方へ)
お子さまが夏休みの思い出になるような自由研究ができるように家族みんなで協力してあげてください。

自由研究トップページへ戻る▲