HOME 学習 キッズコーナー 自由研究コーナー 川の変化をしらべよう

私たちの生活と深くかかわっている川は、その日の天気や季節によって、水位(水面の高さ)や流れる速さなどが変わります。どんな時にどのような変化が見られるのか、川の様子を観察してみましょう。

☆こんなことが分かります☆
秋田河川国道事務所のホームページでは「秋田の川 水位・雨量情報サイト」で、雄物川と子吉川の水位の高さや降っている雨の量などの情報を公開しています。
川に出かけなくても川の様子を気軽に見ることができるので、色々な情報をしらべて、記録してみましょう。



秋田の川 水位・雨量情報サイト
 
雄物川(上・下流)・子吉川の水位・雨量・・・1時間ごとの水位の変化や、降った雨の量をグラフで表示しています。
 
ライブカメラ画像・・・15分ごとに更新される画像を見ることができます。いつもの様子と洪水が起きた時の画像も見比べることができます。
 
☆雨が降ると水位があがるしくみ☆
雨が降ると、その雨が土の中へしみこみ、土の中を山から低い方へと流れます。川は、その水がわき水となって地上で小川になったものが集まってできています。そのため、雨が降ると川の水位があがるのです。逆に雨が降らないと川の水位は下がります。
どの地点の雨量が川の水位と関係しているのかを見てみましょう。また、上流と下流では水位の上がり方や様子に違いが見られるか、見てみましょう。
雨が降ると水位があがるしくみ
◆どこに雨が降ると、どこの河川の水位が上がるんだろう?
表示される雨量観測所(雨が降った量を調べるところ)と水位観測所(川の水位を調べるところ)を注意深く観察してみて、その変化をまとめてみよう。
 
この他にも、支川の水位・雨量、気象情報、各自治体の防災ページ、空からみた川の画像が見られるよ!
ホームページには、ちょっと難しいけど川の整備情報や工事情報もあるから見てみてね!
!研究のポイント!
雨が降ったときや晴れたときの川の様子を比べてみましょう。
雨が降ったときの川の水位の変化を調べてみましょう。
上流と下流、川によって変化に違いがあるか、調べてみましょう。
今回のワークシートは書き方がちょっと難しいから「書き方見本」を参考にしてね
  ワークシートはPDF形式です。
うまく表示できないときは大人の人に手伝ってもらって、ダウンロードしてね。
ダウンロードしたデータはプリンターでプリントアウトして使ってね。
!川で調査する時の注意!
・子供たちだけでは行かないようにして、お父さんやお母さんなど大人の人といっしょに出かけるようにしましょう。
・台風のときや雨が降っているときは、川の水が急に増えたりすることがあるので、近づかないようにしましょう。
・天気の良い日でも、前の日や2〜3日前に雨が降ったりすると川の水が増えていることがあるので注意が必要です。
・川の近くには水門や滑りやすいコンクリート護岸など危険なところがあるので注意しましょう。
・お家に帰ったら必ず手を洗いましょう。

(お家の方へ)
お子さまが夏休みの思い出になるような自由研究ができるように家族みんなで協力してあげてください。

自由研究トップページへ戻る▲