HOME 学習 キッズコーナー 自由研究コーナー 都市空間と自然との共存を調べよう

秋田市の南バイパスにある臨海大橋の近くには、ハリエンジュの林が広がっています。そして、その林の中にはアオサギ、ダイサギ、ゴイサギの3種類のサギたちが巣を作って暮らしています。(営巣地:えいそうち・コロニーといいます)
建物がたくさんある街の近くでサギたちが巣を作ることは、とてもめずらしいことです。
サギの巣の近くの環境や、子どもが育っていく様子を観察してみましょう。

◎サギと道路が仲良くできるように◎
秋田南バイパスができる前からあったサギたちのコロニーがなくならないように、秋田河川国道事務所ではサギたちをおどろかさないように工事を進めました。そのおかげで、工事の後もサギたちは今までどおりに暮らしています。



秋田河川国道事務所のとりくみ
サギの巣作り・子育て日記
コローにーの位置
◎ 観察のポイント◎
◆道具  
双眼鏡(そうがんきょう)、ノート、筆記用具、図鑑
◆ ここに注目!
サギの体の色や大きさ、模様を見てみましょう
木の枝に止まっている時の頭の動きや尾の振り方、はやさを見てみましょう
飛び方がまっすぐなのか、波のように飛ぶのか、羽ばたき方を見てみましょう
サギの赤ちゃんがどんな風に育っているのか見てみましょう
鳴き方を聞いてみましょう
サギたちがえさを取りに行く時間はサギの種類や天気によって違うのかを見てみましょう
!研究のポイント!
3種類のサギについて分かったことや感じたことを書いてみましょう。
サギがいる周りの様子を見て気づいたことをまとめてみましょう。
  ワークシートはPDF形式です。
うまく表示できないときは大人の人に手伝ってもらって、ダウンロードしてね。
ダウンロードしたデータはプリンターでプリントアウトして使ってね。
※サギをを調査するときの注意
・信号や交通ルールを守って、歩道で遊んだり、ふざけたりしないようにしましょう。
・車道(車が走るところ)には出ないようにし、車やバイクなどの通行に注意しましょう。
(お家の方へ)
お子さまが夏休みの思い出になるような自由研究ができるように家族みんなで協力してあげてください。

自由研究トップページへ戻る▲