HOME 学習 キッズコーナー 自由研究コーナー 川づくりと道づくりを調べよう

私たちが安心して暮らすことができて、住みやすい環境を作るために、秋田河川国道事務所では、川と道の整備(せいび)や管理(かんり)をしています。事務所のとりくみが私たちの暮らしにどのようにかかわっているのかを考えてみましょう。

◇河川のとりくみ
雄物川の下流部と子吉川の工事や管理をしています。洪水などの災害が起きないように整備をしたり、きれいな川を守るために工事をしたり、川と人がふれあうことができる河川公園などの施設を作ったりしています。
◇ 国道のとりくみ
一般国道7号、13号、46号の工事や管理をしています。安全に、快適に道を通ることができるように工事をしたり、危ない場所を直したりします。そして人と物の流れが盛んになって、地域がいきいきするように道づくりを進めています。
◇ 環境のことを考えたとりくみ
道づくりや川づくりが自然に悪い影響を与えないように、環境のことを考えた工事や自然をいかした工事にもとりくんでいます。
たとえば、川の工事に自然の石や木材を使ったり、水を汚さない工夫などです。人とすべての生き物が住みやすい環境を守りつづけていくことは大切なことです。
秋田河川国道事務所のとりくみ
秋田河川国道事務所のとりくみは上のリンクから見られるけどこのホームページの中にはさらに詳しくいろいろな情報がかくれてるよ。
リンクをたどっていきながら自分で探し出してまとめてみよう。
 
ご質問や相談はこちらへ  秋田河川国道事務所(総務課)
TEL018-823-4167
朝8:30〜夕方5:00まで受け付けています。
Eメール thr-akita01@mlit.go.jp
!研究のポイント!
秋田河川国道事務所のとりくみについてホームページや事務所を訪問したりして調べてみましょう。
どんなことが私たちの生活に役立っているのか、どこでどんなとりくみが行われているのかを調べてみましょう。
  ワークシートはPDF形式です。
うまく表示できないときは大人の人に手伝ってもらって、ダウンロードしてね。
ダウンロードしたデータはプリンターでプリントアウトして使ってね。
(お家の方へ)
お子さまが夏休みの思い出になるような自由研究ができるように家族みんなで協力してあげてください。

自由研究トップページへ戻る▲