HOME 事務所 工事情報 工事進捗状況 角館バイパス
事業概要 TOP 道路状況 整備効果 景観整備 コスト削減 工事区間 工事現状写真
整備効果

国道46号角館バイパス 角館バイパス全線開通から1年が経過して
   〜全線開通前後の交通状況について〜
国道46号角館バイパス 全線開通2ヶ月後の交通状況について
   〜角館桜まつり期間中の渋滞が大幅減少〜
国道46号の交通量は、角館バイパスへの交通転換により約7割減少
   しました。
   走行速度が向上し、速達性が確保されました。
大型車がバイパスに転換し、現道の大型車が約7割減少
   沿線住民の約6割が安全性向上を実感
第二期開通で市街地を通過する大型車が約6割減少しました
走行速度が時速20Km向上し、市街地の通過時間が4分短縮しました

[1] 年間を通じて安定した走行環境を実現します
 急勾配、急カーブが連続する国道46号現道部では、特に積雪期には速度低下が生じ、20分を上回る通過時間を要していましたが、角館バイパスの整備により走行環境の改善が期待されます。


[2] 角館桜まつりの渋滞を緩和します
 角館桜まつり期間中は、物流交通や角館町を訪れる観光交通などが国道46号に混在していましたが、角館バイパスの整備によりこれらの交通を分担することが可能となり、観光期渋滞の緩和が期待されます。


[3] 国内外からの誘客を促進し、地域経済の活性化を図ります
 県内有数の観光地である角館・田沢湖地区と秋田県の玄関口である秋田空港との連絡機能を強化し、国内外からの観光誘客を図るとともに、地域経済の活性化が期待できます。