No238 インフォメーションホール模様替え

月山ダム管理所1階インフォメーションホールを模様替えしました。。
(2018/10/29)

まずは、タペストリーを秋バージョンへ。
季節毎に替えていますが、秋らしいブナの紅葉のタペストリーです。

先日(10/5,21)に行った”水源の森づくり2018”の様子を掲載しました。
ブナの実拾いから、竹ポットづくり、タネ蒔きや、お楽しみ”芋煮”
”焼き芋”の様子などを掲載しました。

   

もうすぐ、ハロウィンです。
少しだけでもハロウィンを感じてもらえるよう飾り付けをしています。

   
     
     
     
     

ダム周辺の山々も随分と色づいてきました。
月山・湯殿山周辺ももう少し紅葉が楽しめると思うので、お越しの際は
月山ダムインフォメーションホールへもお立ち寄り下さい。
休憩テーブル、きれいなトイレもあります。                      


No237 今週の見学者の皆さんです!

こんにちは!
昨日は満月でしたね。
とっても綺麗でしばらく見てしまいました。
それでは今週の見学者の皆さんをご紹介致します!
(2018/10/26)

今週は・・・
○相談支援センターりぃぶるの皆さん
○酒田市手蔵田子供会の皆さん
○城南町とちもちの会の皆さん
○酒田市亀ヶ崎社会福祉協議会の皆さん  よりお越し頂きました!

紅葉も目で分かるくらいに染まってきました。
秋のおでかけにぜひ、遊びにきてみてください♪

見学にお越し頂いた皆さん、ありがとうございました!

 
     
   
     

     

No236 秋のアカクラ・アオクラ

月山ダム周辺では大分秋が深まってきており、木々の紅葉も進んできています。
写真は、月山ダムの上流にある景勝地のアカクラ・アオクラです。
昨日、撮影してみました。カメラの腕がなく、写真からだと余り伝わらないかもしれませんが
紅葉がきれいでした!!
アカクラ・アオクラに行く為の市道八久和線は、例年11月20日前後には
冬季通行止めとなりますので、その前に皆さんも一度足を運んでみて下さい。
(2018/10/26)

( H30/10/25 撮影 )
     

No235 コキアTVデビュー!

月山ダム展望広場のコキアが昨日、NHKの”とてけろ”コーナーで
取り上げられていました。
どなたか応募してくれてたお陰で、TVデビューとなりました。
ありがとうございます!!

良い感じに色づきましたね。
路側のコキアは全体的にピンクに色づいていますが
円形サークルのコキアは”半分青い”ではなくて、”半分みどり”です。(*^o^*)
日照時間の差によるものでしょうか???
(2018/10/25)

 
     
   
     
     

     

No234 ブナの話

一昨日、「水源の森づくり」でブナについて、ちょっとだけ勉強しました。
昨年は、大凶作でブナの実はまったく拾うことが出来ませんでしたが
今年は、大豊作で沢山拾うことが出来ました。
ブナの実は、熊など森の動物にとっても貴重な食べ物だそうで
今年は喜んで食べてるのではないでしょうか。
みなさん、ブナの実ってどんなものか知っていますか?
こちらの写真が、湯殿山スキー場上部の中台池周辺ブナ林で拾った
ブナの実です。
(2018/10/23)

意外と小さいですね。黒っぽいのが殻が付いた状態のもの。
1個白っぽく見えるのが殻を剥いたもの。
これ生でも食べられるんですよ。
食べてみたら噛んでるうちに甘みが出てきます。
煎ってから食べると香ばしい味がして、もっと美味しいそうです。
でも剥くのがちょっと大変。

ブナ林の上空を見上げると樹木で空がほとんど見えません。
このため、地上には光が届かないのです。
多くのブナの実が落ちても、これではほとんど芽を出すことが出来ないそうです。

ところが、ブナの木が寿命や強風などで倒れると下の写真のように
ぽっかり空間が出来て日差しが差し込みます。
この時が、新しい芽を出す絶好のタイミングだそうです。

下の写真は、このタイミングで芽を出した(?)ブナの赤ちゃんです。

こうして命が受け継がれて、見事なブナ林が維持されてくんですね。

   
     
   

月山ダムの水源である豊かな森を守り、育てていくための活動を
これからも維持して行ってきます。

こちらは中台池の様子です。とても綺麗です。
まだ紅葉は見れると思いますので出かけてみてはいかがでしょうか!

                       

熊にはご注意を★   
     
   
     
     


No233 水源の森づくり2018を開催しました!

昨日(10月21日(日))、月山ダム周辺にて「水源の森づくり 2018」を開催しました。
この取り組みは、水資源を利用する市民自らが、森の元となるブナやドングリのタネを拾い、
苗畑や里親ポット(竹製のポット)で苗を育て、それを山に返し森づくりを行うものです。

4年目となる今回は、天気も良く、ブナもたくさん拾え、クイズで森のお勉強をしたり、
きのこたっぷりのあったか いも煮やほっかほかの焼き芋を食べたりと、
参加して下さった皆様に秋を満喫していただきました。
(2018/10/22)

 
     
   

     
No232 今週の見学者の皆さんです!

こんにちは!
今日のダムは晴天で秋風が吹いております。
紅葉が好きなので、早くダム周辺がもっと染まらないかなぁ〜と
待ち遠しいです。
それでは、今週の見学者の皆さんをご紹介致します!

今週は・・・
・狩川公民館わんぱく学園の皆さん
・豊浦小学校4年生の皆さん
・ユアテック北仙台営業所の皆さん
・最上川ダム統合管理事務所の皆さん   よりお越し頂きました!

見学コースがパワーアップしており、より皆さんに楽しく・分かりやすい
説明でご案内しております。
パワーアップした月山ダムにもぜひ来てみて下さい♪

見学にお越し頂いた皆さん、ありがとうございました!
(2018/10/19)

 
     
   

     

No231 鶴岡市立あさひ小学校よりお礼の手紙をいただきました!

10月5日に、あさひ小学校校外学習”森づくり”に参加してくれた2年生の生徒さんより
お礼の手紙を頂きました!
(2018/10/19)

   
     
     

校外学習”森づくり”に参加してくれた、あさひ小学校2年生の生徒さんの感想などを
紹介させて頂きます。
○自然というものが、たくさん知れてよかったです。
○ブナの実や、どんぐりを拾って、うめるのが楽しかったです。
○どんぐりをうめるとき、3つ入れて横に寝かせるのが驚きました。
○竹ポットの中のブナの実と、どんぐりも大切にして、3年になったら森にかえして
 動物と虫たちに食べさせたいです。
○竹ポットの中のブナの実と、どんぐりに3年間、毎週水かけします


普段なかなか体験できないブナの実拾いや植樹などの経験を通して、自然の大切さを
学びながら、楽しい時間を過ごせたようですね! 
竹ポットに蒔いたブナの実やどんぐりが、3年後大きく成長し、皆さんで山へ移植できる日を
楽しみにしています♪

鶴岡市立あさひ小学校2年生のみなさん、ありがとうございました。

No230 山がだんだん色付きはじめました

巡視でたしろ多目的広場前の市道八久和線を通過、
曇り空でしたが少し足を止め色づいた木々の写真を撮りました。

今日は10月17日でやっと色づいたところです。
10月の末には、紅葉が見頃になると思います。

月山ダムに見学に来られた方は、少し足を伸ばし
紅葉を楽しんでみてはいかがでしょうか?

月山ダム管理所周辺からは何所でも紅葉が見られます。
(2018/10/17)

 
 
   

    
No229 月山ダムは非洪水期に入りました!

10月に入り、各地から紅葉の便りが届くようになりました。
朝晩めっきり涼しくなり、肌寒さを感じます。正に秋本番ですね。
月山ダムは大雨の頻度が少なくなることから非洪水期に入りました。
(10月1日から来年5月31日までの期間)

この期間の貯水位はEL255.00以下で運用して行きます。
本日(10/16)の水位は236.35mですが、11月末頃にかけて
EL255.00付近まで徐々に18.6mほど上昇し
ダム湖の湖面が広く変化していきます。
(2018/10/16)


    
【本日(10/16)の水位EL236.35mダム湖】    【5/16 水位EL254.57mのダム湖】 
   
     
     

    
No228 コキアをご存じですか?

コキアは非耐寒性の1年草です。
管理所の周りにコキアを植えましたが、少しずつ色づいてきて
色づく途中もまた綺麗です。
形がとても可愛らしく、色の変化がとても魅力的!!
コキアが真っ赤に紅葉するのが楽しみですね。
(2018/10/12)

   
     
   

    
No227 ダムそっくりさん発見!その名は庄内町のかっでクッキー

こんにちは!!
最近、ダムをカワイく擬人化して、学校の社会科見学のさし絵を作るという作業をしています。

四角に目と口を描いてダムに見立てるデザインは、他ダム様でもよくあるので、
月山ダムにしかない特徴を加えました。
何だか分かりますか?

そうです!全身のしましま模様ですが、月山ダムの壁面の「月と朝日のデザイン」ですね。
すぐに分かったあなたはダムマニア合格です!
(2018/10/11)


名前が無いので、コードネーム ”がっさんくん” と個人的に呼んでいますが、
先日、彼のそっくりさんを見つけました↓↓↓

【すくすくやさい畑のかっでクッキー】  
 
     
 

庄内町の手作りおやつ 「ベジかっでクッキー だだちゃまめ味・にんじんシナモン味」。

しかくいボディにまん丸のお目目、
にっこりお口がそっくりで思わず買ってしまいました。

さすが、「かっで(固い)」という名前の通り、
うっかり書類やファイルの下敷きになってしまっても、割れません!
ノートパソコンより薄くてコンパクトなので、デスクに置いても場所を取らず大変実用的です。

これを作ったのはお料理が大好きな地元のお姉さんのようですが、
他にも「しょうゆの実スコーン」とかインパクトのあるものをいっぱい出しているみたいです。
庄内地方のおもしろいお土産として、
ダムで一緒に働いている東北地方整備局の転勤族の人達におすすめしたいです。

   
    
No226 インフォメーションホールが10月27日に休館します

 日頃より月山ダムにご来場頂きまして、ありがとうございます。

この度、平成30年10月27日(土)に
ダム管理所及びインフォメーションホールの電気設備の点検を行うため、
インフォメーションホールを休館致します。
 
翌日の10月28日(日)からは通常通りインフォメーションホールを開館致します。

ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。
(2018/10/11)


    
No225 あさひ小学校校外学習森づくりを開催しました

先日(10/5)あさひ小学校校外学習”森づくり”を開催しました!
この”森づくり”は山形大学農学部菊地先生に講師となって貰ってあさひ小学校行事として取り組んでいるもので、
今年は2年生24名で開催しました。
また、菊地先生のアシスタントとして山形大学農学部4年生のコンちゃんにもお手伝いして頂きました。

”森づくり”の内容は、ブナの実・どんぐりを採取し、竹ポットと苗畑で育てることを体験するものです。
最初に湯殿山スキー場上部の中台池で菊地先生から森の話をして頂いて早速、ブナの実拾いを行いました。
菊地先生の森の話ではブナやミズナラなどの木の話や、
森で暮らす動物たちにとってとても大切な場所であることなどお話して頂きましたが、
生徒さん達は熱心に聞いていて先生の質問にも積極的に答えていました。
(2018/10/10)

【菊地先生の森の話】 

   

昨年は全く採取できなかったブナの実ですが、
今年は豊作のようで生徒さんは見つけるたび喜びの声を上げて夢中で拾っていました。

【ブナの実を採取している様子】  
 
     
 
 

どんぐりも拾う予定でしたが、蜂の巣があり危険なため菊地先生が事前に採取してくれました。

次は月山ダム下流のくわだいさくら公園に移動し竹ポットづくり、種蒔き作業です。
ここでも菊地先生から竹ポットづくりや種蒔きのこつ、注意点などの話をして頂きました。

 

まずは種の選別。
水槽に入れて沈んだ種だけ使います。虫食い種は浮いてしまいます。

【種選別の様子】 

竹ポットは一人2本にそれぞれブナの実3個、どんぐり3個を蒔きました。
最初に竹ポットの縁から3〜4p下まで土を入れて、そこに種を蒔き薄く土を被せて完成です。

【竹ポットづくりの様子】 

次は苗畑にブナの実、どんぐりを蒔きました。
これも竹ポットと同様、1ヵ所に3個ずつ蒔きました。

【種蒔きの様子】   
 

最後に苗畑の寒さ対策として藁を敷いて完成です。

 

竹ポットは各自持ち帰り、3年間育てて貰って山へ移植します。
苗畑の3年間育ててから山に移植します。
3年後に成長した苗を皆さんで移植したいと思っています。
それまで大切に育ててくださいね!

あさひ小学校のみなさん、引率の先生、講師を務めて頂いた菊地先生、コンちゃん大変ありがとう御座いました


 
No224 今週の見学者の皆さんです!

こんにちは!今日のダムは風が強いですが、比較的あたたかく秋の行楽日和と
なっております。なんだか周辺の山々もだんだん染まってきたような気もしています。
それでは今週の見学者の皆さんをご紹介致します。

今週は・・・
・ 阪急交通社 静岡支店の旅行者の皆さん
・ 上荒俣子ども会の皆さん
・ 小田島子ども育成会の皆さん
・ 酒田第六中学校の皆さん     よりお越し頂きました!

カメムシの多さにびっくりする方も多かったですが(私もびっくり!)
皆さん見学を楽しまれたようでした。
ダムの中は迷路のようで、探検気分を味わえるようです!

見学にお越し頂いた皆さん、ありがとうございました!
(2018/10/05)

 
     
   

     
No223 水源の森づくり2018を開催します!

「水源の森づくり2018」を10月21日(日)に開催します。
「水源の森づくり」とは、タネ拾いから植樹、育林までを行い、水源となる森を作っていく活動で、
平成27年のテストイベントから数えて今回で4回目の開催となります。

湯殿山スキー場でドングリなどの木の実を採集し、くわだいさくら公園でタネまきを行います。
落ち葉・落ち枝を集めて焚き火・焼き芋も行う予定ですので、皆様の参加をお待ちしております。
親子での参加も大歓迎です♪
(2018/10/04)

○●○水源の森づくり2018の申込書はこちら○●○

 
     
   
昨年行った水源の森づくり2017の様子
     
No222 月山ダムナイトツアーを開催しました!

一昨日(9/29) ”秋の特別企画”「月山ダムナイトツアー」を開催しました。
日中は曇りで雨は降らずこのままナイトツアーまで持ってくれるといいなと
思っておりましたが、残念なことに開催直前から降り出してしまいました。
そんな中多くの方に参加頂き,無事ナイトツアーを開催することが出来ました。
(2018/10/01)

始めに月山ダムインフォメーションホールにてダムの役割や諸元などを説明させて頂き、見学がスタートしました。
最初の見学場所は「ダム操作室」です。
この場所は、ダムの安全に係わるいろんな観測項目を収集管理したり、ゲートを遠隔で操作する場所です。
非常に重要なダムの頭脳と言うべき場所で、セキュリティーの問題もあり普段の見学では案内していない場所です。

【ダム概要説明】    【操作室での機器説明】 
   

次は「ダム最深部」を案内させて頂きました。
ここには、漏水・浸透水などを排水するポンプ設備、地震計、水圧を測定する揚圧力計、ダムのたわみを測定する
プラムラインがあります。これも普段の見学では案内していない場所で今回特別コースになっています。
階段部にLED蝋燭を配置し、ちょっと特別感を出して見ました。

【ダム最深部へ移動】   【最深部での観測機器説明】 
   

次の見学場所は堤体下流に出てライトアップ鑑賞です。
今回新たな取り組みとして、白色に加えて赤と青を追加して見ました。
カウントダウンして点灯式を行いましたが、ナトリウム灯ですのでパッと明るくならず「点灯したの?」
という感じで明るくなるまで時間が掛かりました。更に残念ながら、雨で堤体が黒っぽくなり色の反射が
少なく綺麗には見えませんでした。
雨での試験もやって置くべきでした。申し訳ありません。

【堤体ライトアップ(3色)】   【堤体ライトアップ(1色)】 
   

5月に開催したナイトツアーでは「自然放流」の時期で、迫力ある放流とライトアップをお楽しみ
頂けましたが、今回は放流がありませんので壁面に放流の動画を写し、ちょっとだけ放流気分を
味わって貰いました。

 

次の見学場所はコンジット副ゲート室で巨大巻き上げ機の見学ですが、その際通る
監査廊イルミネーションです。
青色LED照明にしていますが、今回バージョンアップとしてミックスイルミネーションを
ライン状に追加しました。
これはなかなか綺麗でした。

 

今回のナイトツアーは雨になってしまいましたが、心配していた台風の影響もなく
また思ったより気温も下がらず、約2時間のナイトツアーを無事終了することが
出来ました。

”ちょっとお楽しみを追加”
解散後、都合の良い方に残って頂いて花火を楽しみました。
線香花火300本、手持ち花火400本を用意したので、なかなか減りませんでした。
3〜4本同時に点火したり、普段あまりやらないことも出来た楽しい花火だったのではないかと
思っています。

 
     
 

参加して頂いた皆さん、大変ありがとうございました。
これからもイベント開催していきたいと思っておりますので、多くの方に参加して
頂けますようお願いします。