2-1-2 河川工事の種類・施行の場所及び河川管理施設の概要
 
(1) 朧気川
 
1) 河道の整備
   流下能力※1を向上させるために、築堤※2・河道掘削を実施する。
  2) 配慮事項
   周辺の自然環境や景観を踏まえ、現在の河床に極力手を付けず、現在の良好な魚類の生息環境を可能な限り保全する。水衝部等の護岸が必要な範囲は、多自然型護岸を施工する。
 
図2 計画流量配分図(朧気川)
 
図3 朧気川代表断面図(松母橋から上流1.6km、単位:m )


 
※1 流下能力 河道において流すことが可能な最大流量
※2 築堤 たくさんの水を流すことができるように、堤防を新しくつくることを言う。