1-2-3 河川環境の現状と課題
(1) 河川環境の現状
 
1) 動植物及び景観
 
@ 山地部
 鮭川、真室川及び泉田川の上流域は標高が高く、ブナ−チシマザサ群落の自然植生となっている。また、月山付近の大蔵村と神室山周辺の山地帯には、危急種として指定されている植物が分布しており、最上峡周辺は最上川横谷地帯のスギ天然林として特定植物群落に指定されている。また、ニホンカモシカ等の大型哺乳類、イヌワシ、クマタカ等の貴重な鳥類および、ギフチョウ、ヒメギフチョウ等の貴重な昆虫類が多数生息している。また、環境庁レッドリスト※1に指定されているハナカジカの生息も確認されている。
 河川の利用としては、渓流魚を対象とした釣りが盛んであり、また最上峡周辺は、急峻な斜面が最上川に面しているため、白糸の滝に代表される大小の滝が数多く見られ、優れた景観は、最上川舟下り等の観光名所となっている。

  A 山地から平地部
 新庄盆地周辺の丘陵地は主にブナ−ミズナラ群落及び杉植林で構成される。クマタカ、オオタカ、オシドリ、カワセミの鳥類が多数生息しており、モリアオガエルをはじめ、減少傾向にあるトウホクサンショウウオや、ハコネサンショウウオ等の両生類が鮭川、金山川、最上小国川の上流域や新田川中流域に生息している。また、生息する魚類は、イワナ、ヤマメおよびカジカが主であり、これらを対象とした釣りが盛んである。また、県内では生息数が少ないエゾウグイも確認されている。

  B 平地部
 新庄盆地及び最上町の平野部は、住宅地、水田が広がる生活の場であり、名所、史跡が点在している。植生は、水田植生が大部分を占めており、減少傾向にあるハッチョウトンボ等の昆虫類の生息が確認されている。生息する魚類は、アユ、ヤマメ、カジカなどが主である。
 注目すべき種としては、環境庁レッドリストに指定されているウケクチウグイや、減少傾向にあるイバラトミヨがあげられる。
 河川敷は、ゲートボール場や運動場、公園として、スポーツや散策など地域住民のレクリェーションの場として利用されている。

  C その他
 内水面漁業としては、最上川や最上小国川、鮭川等ではアユ、イワナ、ヤマメなどが放流されている。また、最上小国川や真室川、鮭川、小又川、曲川では、伝統的なヤナ漁が行われている。平成11年漁獲高はアユ、イワナ等を中心に172tである。
  2) 河川の水質
 水質の生活環境の保全に関する環境基準※2は、最上川中・下流域(鬼面川合流点下流)及び最上小国川(全域)、鮭川下流(真室川合流点より下流)がA類型であり、鮭川上流(真室川合流点により上流)についてはAA類型に指定されている。監視点での水質は環境基準を満足している。
 また、中流域で最上川に注ぐ鮭川は、山地河川であることから清らかな水に恵まれ平成10年の水質調査結果では、BOD※375%値が0.5未満のきれいな川となっている。

 
表4 知事管理区間の水質データ(mg/l)
※BOD75%値・・年間測定値の中で小さい方から75%に相当する測定値
資料:環境白書(山形県)
  (2) 河川環境に関する課題
 以上より、河川環境に関する課題は以下のように整理される。
最上圏域の河川の多くは自然豊かな河川環境を有し、多様な動植物の生息・生育の場を提供している。このような豊かな河川環境を可能な限り保全・復元する事が課題である。
  河川水質の保全・向上が課題である。


※1 レッドリスト レッドデータブックの基礎となる日本の絶滅のおそれのある野生生物種のリスト(汽水・淡水魚類)1999年2月
※2 生活環境の保全に
   関する環境基準
その河川が目標とする数値で、知事が類型を指定するもの。(AA類型:1mg/l、基準値A類型:基準値2mg/l、B類型:基準値3mg/l、これはBODの基準値である)類型の指定内容は、平成12年度環境白書による。
※3 BOD 生物化学的酸素要求量。数値が大きいほど水質汚濁が著しい。