1-2-2 利水の現状と課題
(1) 利水の現状
 
1) 河川の現状
 3月下旬から4月末にかけての融雪期は、奥羽山脈等からの雪解け水が最上圏域の各支川を潤し、年間を通じて最も流量の豊富な期間となっている。
 4月末からは各地で農業用水の取水が行われるようになり、また、雨の少ない盆地特有の気候も影響して、流量は次第に少なくなる。
 7月から8月にかけては、集中的な降雨により一時的に流量が増加するが、全般的には少なく、年間を通じて最も流況の悪化する期間となる。
 9月に入ると農業用水の取水が終わり、秋雨前線等の影響による降雨で、流況は次第に回復する。
 降雪期に入ると11月下旬から翌年3月までは安定し、この間に流域の各山系に蓄えられた雪が、春の訪れとともに各河川を潤す。

  2) 水利用の現状
 現在の最上圏域における利水の現況を、表3に示す。 これによると、かんがい用水、発電用水が水利用のほとんどを占めていることがわかる。
 現在、水道の水源は、表流水や地下水、伏流水に加え、最上広域水道用水として神室ダムから供給を受けている。将来の水需要は、生活用水・工業用水・農業用水等の増加に伴い、最上地方の水需要全体で若干増加する見通しである。
 消雪用水については、各圏域ともに地下水に依存している部分が多い。将来的にも消雪用水の増加が見込まれており、地下水位の低下や地盤沈下への影響が懸念される。また、河川水の消雪用水としての有効利用を望む声がある。

 
表3 最上圏域河川の許可水利※1の現況
 

3) 渇水の現状
 最上圏域では、水利用の多くを河川水に依存している。県内全域にわたり深刻な被害をもたらした昭和48年をはじめ、59年、60年、平成6年と渇水が発生している。昭和60年の渇水では、新庄市で8月19日に夜間給水制限を実施するとともに、学校プールへの給水をストップした。
 また、利水のための取水施設には、堰や頭首工※1といった横断工作物が多く、渇水時には、その下流の水が少なくなる減水区間があることから、生物の生息環境および河川水質等の確保のために、安定した流量の維持を図る必要がある。

 

  (2) 利水の課題
 このような現状を踏まえて、利水の課題は以下のように整理される。
主要な地点での流量観測や、利水施設における取水量等を把握し、流域全体の観点に立って、渇水時における関係機関の相互連携調整を図るなど、渇水による被害を最小限にとどめるための体制づくりが課題である。
  渇水の情報を常に地域住民に周知することにより、渇水に対する地域住民の意識の高揚を図ることが課題である。
  克雪対策として、河川水の有効利用が課題である。


※1 許可水利 河川法第23条で流水の占用権を国土交通省令で定めたもの。
※2 頭首工 農業用水などを取水する堰のことを言う。