1-2 最上圏域内河川の概要
1-2-1 治水の現状と課題
 
(1) 治水の現状
 最上圏域では、山々が平地部近くまで迫り、河川が扇状地を一気に流下するため、洪水の流出が短時間に集中する特性を有している。昭和49年、50年の県北水害により、升形川、真室川、新田川等で災害関連助成事業が実施された。さらに、これらの水害を契機に、升形川をはじめ各河川で治水対策が進められてきている。しかしながら、県北水害時は上流部で氾濫したため比較的被害が少なかった河川においては、現在に至っても県北水害と同等規模の洪水に対応できない河川が残されている。
 また、最上小国川が流下する赤倉温泉一帯は、治水安全度が低く、近年でもたびたび洪水による被害が発生している。

 
写真1 S49新庄市内浸水状況
  (2) 治水の課題
 以上より、治水に関する課題は以下のように整理される。
県北水害と同等規模の洪水に対応できる治水対策が近々の課題である。
  近年、頻繁に水害の発生している赤倉温泉一帯の治水安全度の向上が課題である。