河川整備計画(案)への盛り込み方について(大臣管理区間)
項 目 整備計画原案 整備計画(案) 備考
T . 河川整備計画の目標に関する事項
2. 河川の現状と課題
(1) 水害の歴史と治水事業の沿革

(2) 治水の現状と課題











(3)

利水の現状と課題










































 

(5)

維持・管理の現状と課題











 

3. 河川整備の目標と基本的考え方
(5) 河川の適正な利用及び流水の正常な機能に関する目標
p7:2)治水事業の沿革 6行目
「工事が行われたと伝えられている





「工事が行われた」
事務局
p8:1)河川の整備状況 9行目
「…流下能力が不足している箇所については、既設堤防の拡幅(引堤)や河道の掘削による河積拡大が必要である。

「…流下能力が不足している箇所については、引堤や河道の掘削による河積拡大が必要である。」  
事務局
p10:4)内水対策 1行目
「堤防の整備によって洪水による氾濫被害が軽減される一方で、支川の合流部が堤防により締め切られるため、排水樋門や樋管を設置し本川への排水や洪水流の逆流防止等の排水対策、排水機場の設置等による内水対策を実施しているところである」

「堤防の整備によって洪水による氾濫被害が軽減される一方で、内水被害が発生する現状がある。このため、支川の合流部に水門や樋門を設置し、本川への排水や洪水流の逆流防止等の排水対策・排水機場の設置等による内水対策を実施しているところである。」
事務局
p12:1)水利用の現状と課題 A水利用 12行目
「最上川水系における利水の現況は、表4に示すとおりである。発電用水を除く各種水利用は、許可水利のみで211m3/sにも及び、そのうち96%を農業用水が占めており、渇水時には取水障害等が発生している。  最上川流域において無秩序に水利用を行えば、流水の正常な機能の維持に必要な流量に支障を及ぼすことが懸念されることから、各支川等に・・・さらに、渇水期における河川環境の保全・復元、安定取水のための水資源開発や合理的かつ適正な水利用のための・・・」

「最上川水系における利水の現況は、表4に示すとおり、最上川全体で約563m3/s、そのうち発電用水が約352m3/s、かんがい用水が約202m3/sと水利用の多くを占めている。
 最上川流域において、流水の正常な機能の維持に必要な流量を確保するため、各支川等に・・・さらに、河川環境の保全・復元、安定取水のためのダム等の水資源開発や合理的な視野に立った水利用のための・・・」
事務局
p12:1)水利用の現状と課題 A水利用
表4








事務局
p13:1)水利用の現状と課題 B渇水  3行目
「・・・平成6年と慢性的に渇水が発生している。このような渇水時には、農業用水使用者は番水による節水、反復利用、地下水揚水補給等・・・最上川の中・下流部の渇水は解消の傾向にあるが、依然上流部においては近年の夏期の小雨化傾向等から・・・河川流量が少なくなる区間があることから、動植物の生息・生育環境の保全・復元や河川水質の保全・回復のために必要な流量の維持を図る必要がある」

「・・・平成6年に渇水が発生している。このような渇水時には、農業用水使用者は番水による節水、反復利用の強化、地下水揚水補給等・・・最上川の中・下流部(最上・庄内地域)の渇水は解消の傾向にあるが、依然、最上川上流部(置賜地域)においては近年の夏期の小雨化傾向等から・・・河川流量が少なくなる区間があることから、流水の正常な機能の維持を図る必要がある」
事務局
P14:2)水需要の動向と課題 3行目
「地域別には、村山地域は生活用水が大きく伸びるものの農業用水の減少が大きく、・・・」

「地域別には、村山地域は生活用水が伸びるものの農業用水が減少し、・・・」
村山地区
置賜地区
小委員会
p20:3行目
「・・・かんがい用水を取水するための堰(10箇所)、樋門(67箇所)や道路橋・・・」

「・・・かんがい用水を取水するための堰(11箇所)、樋門(54箇所)や道路橋・・・」
事務局
p20:3)低水管理 1行目
「寒河江ダム完成後、最上及び庄内地域の渇水は一定の解消傾向にあるが、置賜地域においては、・・・水質の悪化や取水制限等の問題が生じている。」

「寒河江ダム完成後、最上川中・下流部(最上・庄内地域)の渇水は一定の解消傾向にあるが、最上川上流部(置賜地域)においては、・・・水質の悪化や取水障害等の問題が生じている。」
事務局
p21:5)河川空間の適正な利用調整及び保全 3行目
「また、河川敷には膨大な民有地があり、大部分は果樹園など農耕地として活用されているが、洪水の流下の阻害が・・・」  

「また、河川敷には樹木の繁茂により、洪水の流下の阻害が・・・」
事務局
p28: 5行目
「渇水による取水障害や河川の生態系に及ぼす影響を極力軽減させるため、水利流量及び河川の維持流量の確保(流水の正常な機能の維持)を図り、渇水被害の軽減に努める。」  

「渇水による取水障害や河川の生態系に及ぼす影響を極力軽減させるため、水利流量と河川の維持流量の双方を満足する流量(流水の正常な機能の維持)の確保を図り、渇水被害の軽減に努める。」
事務局
p28:2)水資源の有効利用 3行目
「・・・水利用の合理化も重要である
 また、流域内の水の流れ・・・そのため、関係機関との連携のもと・・・「最上川水系渇水情報連絡協議会」などにより、渇水の恐れがある早い段階から関係機関の連絡調整を行い、利水者間の水融通など、渇水被害の軽減に努める。

「・・・水利用の合理化に努める
 そのため、流域内の水の流れ・・・また、関係機関との連携のもと・・・「最上川水系渇水情報連絡協議会」などにより、渇水時における水使用の情報交換を積極的に行い、合理的な水利用並びに河川環境の保全に努める。」  
事務局