1. ホーム
  2. 河川

河川

河川事業概要

河川事業の概要

当事務所の河川事業全体の概要と、主な事業、事業位置図などをご紹介。

水害に対する安全確保

河川の改修や築堤、改築、堤防の質的整備、ハザードマップ、防災情報の提供について。

最上川水系河川整備計画

流域に暮らすみなさんの意見を反映させるための、新しい河川計画策定の仕組みについて。

最上川水系流域委員会

整備計画に基づき実施される、各種事業の進捗や事業評価等について。

河川環境

環境の保全・復旧

川づくりや美化活動、河川環境整備事業、トータルマネジメントシステムについて。

最上川の河川環境整備

魅力的な河川環境と観光資源を活かした河川整備を行うことで観光利用を促進し、地域活性化を支援。

河川管理

施設の保全・復旧

最上川の維持管理や、河川等災害復旧事業、油流出等事故対策、重要水防箇所の合同巡視について。

最上川上流重要水防箇所

洪水が起こった時に危険が予想され、水防活動において重点的に見回り点検が必要な場所について。

河川堤防の詳細点検の実施について

河川堤防の浸透に対する安全性について、詳細点検を実施しています。
堤防詳細点検結果点検情報図

最上川上流河川維持管理計画(案)

最上川上流の河川特性を踏まえた具体的な維持管理内容を定めた「河川維持管理計画(案)」を策定。

河川協力団体制度

河川協力団体制度とは、自発的に河川の維持、河川環境の保全等に関する活動を行うNPO等の民間団体を支援するものです。

河川愛護団体

山形河川国道事務所管内で最上川などの美化清掃などの河川愛護活動を積極的に行い、河川の環境保全に功績のあった団体又は個人を紹介します。

平成29年度 河川愛護モニター募集

河川整備や河川利用、河川環境に関する地域の要望を把握し、地域との連携をはかることを目的に「河川愛護モニター」を設置しております。

取り組み

羽越水害から50年

羽越水害から平成29年8月28日で50年を迎え、近年多発する水害への備えを、行政、地域、家庭の目線から学び、考えます。

山形の河川における課題

最上川上流の洪水との戦いや、豪雨による浸水頻度の増加、景観の保全と地域活性化について。

浸水想定区域の指定・公表

浸水想定区域の指定・公表

最上川及び支川がはん濫した場合に浸水が想定される区域と水深を公表。

洪水氾濫シミュレーション

最上川及び須川で洪水が発生し、堤防が破堤した場合の氾濫による浸水状況シミュレーション。

減災対策協議会

最上川上流
大規模氾濫時の減災対策協議会

降雨の局地化・集中化・激甚化をふまえ、堤防の決壊や越水等に伴う大規模な浸水被害に備え、関係機関が連携して減災のための目標・推進。

村山・置賜地区災害情報普及協議会

水害情報共有など連携を目的にしている組織。事業所などの自衛水防情報も紹介。

油断大敵

家庭のホームタンクや事業所のタンクから油が漏れだし、河川などに流れ出す事故が増加中。

河川区域内の樹木伐採希望者公募

伐採費用の縮減ならびに伐採木の有効利用を目的として河川区域内の樹木伐採者を公募。

気象(雨量・水位・ライブカメラ)

山形の河川防災情報

河川のはん濫危険水位や、避難判断水位など。

お知らせ・その他

最上川水系河川整備計画(変更素案)

最上川水系河川整備計画(変更素案)

最上川水系河川整備計画(変更素案)について、地域と一体となったハード・ソフト対策を進めるため、みなさまのご意見をお伺いします。

もし最上川が氾濫したら?

水害が発生した場合には、私たち一人ひとりの水害に対する心がまえや準備が何より重要。

かわをきれいにする児童図画

最上川流域の小学生を対象に、川の美化や川への関心を高めてもらうことを目的として募集中。

最上川電子大事典

総合学習や生涯学習等の教材として幅広く活用してもらいたい。

わたしたちの最上川

どこから流れてきているのか?どんな生きものがすんでいるのか?生活とはどんな関わりがあるのか?

メディアライブラリー

山形河川国道事務所が行っている河川事業・道路事業や式典イベントなどを写真や動画でご提供。

もし最上川が氾濫したら?

水害が発生した場合には、私たち一人ひとりの水害に対する心がまえや準備が何より重要。

リンク集

河川・道路管理用光ファイバの利用者募集について

河川管理用光ファイバーの芯線利用を希望される方へ。

このページの先頭へ戻る