道の駅「たかはた」を拠点とした自動運転サービス実証実験開始式

平成30年3月作成

国土交通省では、高齢化が進行する中山間地域における人流・物流の確保のため、「道の駅」等を拠点とした自動運転サービスの2020年までの社会実装を目指し、全国13箇所で、順次、実証実験を行います。
山形県内では、2月25日(日)から3月4日(日)までの間、道の駅「たかはた」を拠点とした実証実験を実施しました。
本映像は、実証実験の開始に合わせ開催された実験開始式を記録したものです。


再生時間:7分40秒