■ 目的


東北地域の建設現場においてDX(デジタル・トランスフォーメーション)の、推進により生産性の向上や
 魅力ある建設現場を目指す新しい取組みを推進するため、東北みらいDX・i-Construction 連絡調整会議
(有識者、;東北地方整備局、東北6県、仙台市、建設業団体)を設置し、DX・i-Construction に関する情報共有、
効果的な具体手法の追及、利用可能技術の導入・拡大を推進する取組みを行っていきます。

      ■ 規約および活動内容

  
 ○規約
    東北みらいDX・i-Construction連絡調整会議 規約
 ○活動内容
    次に掲げることについて情報交換、調整等を行う。
    (1) インフラ分野のDX推進に関すること。
    (2) 公共事業における i-Constructionの普及・動向等に関すること。
    (3) i-Constructionに関わる諸課題に関すること。
    (4) その他、会議の目的を達成するために必要な事項。

  
      ■ 開催状況

  
  第14回 :令和6年1月15日
               みちのくインフラDX 奨励賞の表彰について
               令和5年度に実施した取組みの中間報告について
               各会員からの情報提供、次年度に向けて意見交換テーマの抽出
       第14回 概要報告

  第13回 :令和5年6月20日
               規約の変更、東北地方整備局から情報提供
               意見交換、関係機関におけるDX・i-Construction取り組み状況
       第13回 概要報告

    第12回 :令和5年2月27日
               みちのくインフラDX奨励賞(案)について
               令和4年度の取組の中間報告について。
               第12回 概要報告

    第11回 :令和4年5月26日
               DX推進を図るため有識者の追加を提案
               「担い手の育成・確保(地域の守り手確保)」をキーワードに意見交換を実施しました。
               第11回 概要報告

    第10回 :令和4年2月8日
               新型コロナウィルス感染症対策としてWeb型式にて開催
               ICTサポーター制度の取組み方針、会議名称の変更及び規約の変更について議論しました。
               第10回 概要報告

    第9回 : 令和3年5月26日
               新型コロナウィルス感染症対策としてWeb型式にて開催
               i-Constructionのさらなる普及に向け、産学官による意見交換や情報共有を図りました。
               第9回 概要報告

    第8回 : 令和2年7月
               新型コロナウィルス感染症対策として書面開催となりました
                ICTに関する情報共有、各関係機関の取組み状況の報告

    第7回 : 令和元年5月17日
               ICTに関する情報共有、各関係機関の取組み状況の報告
               第7回 概要報告

    第6回 : 平成30年5月18日
               ICTに関する情報共有、各関係機関の取組み状況の報告
               第6回 概要報告

    第5回 : 平成29年9月22日
               ICT活用工事現場視察と、第4回会議における取りまとめの意見交換
               第5回 概要報告

    第4回 : 平成29年8月2日
               各関係機関の取組状況、地域建設業における取組と実施効果の事例紹介
               第4回 概要報告

    第3回 : 平成28年8月10日
               i-Construction 推進のための取組み状況、課題等
               現場視察(コマツIoTセンター東北)
               第3回 概要報告

    第2回 : 平成28年3月4日
               現場視察(鳴瀬川中下地区工事現場)
               第2回 概要報告

    第1回 : 平成28年2月1日
               i-Construction (ICT)に関する基本的情報の共有
               第1回 概要報告

  
      ■ i-Construction の技術支援の体制

  
   東北全体の i-Construction の推進のための支援体制として、本会議の関係機関(東北地方整備局、
  東北6県、仙台市、建設業団体)を中心とした、「東北 i-Construction プラットフォーム」を設置し、
  各県、市町村、建設会社等における i-Construction の実施にあたっての技術支援を行っていきます。