よくあるご質問  再交付・書換申請に関する「Q&A」
     
Q1. 申請書を提出して、合格証明書が届くまでの期間はどれくらいですか?
  →A.  お手元に届くまでには、1ヶ月半程度の時間がかかります。
     
Q2. 本籍(都道府県)が東北地方以外ですが受付はしてもらえますか?
  →A.  現住所が東北地方であれば、本籍(都道府県)が東北地方以外の場合でも、東北地方整備局で受付ができます。
 なお、本籍(都道府県)が東北地方であっても、現住所が東北地方以外の場合は、他の地方整備局等での受付となります。担当する地方整備局等につきましては、こちら(全国のお問合せ先・提出先一覧)でご確認ください。
     
Q3. 電話で合格証明書の番号を教えてもらうことはできますか?
  →A.  個人情報であるため、合格証明書の番号等を電話でお教えすることはできません。
 ご本人が来局し、ご本人であることを証明できるものを提示いただければ、口頭でお教えすることができます。
     
Q4. 会社で代理申請はできますか?
  →A.  代理申請はできません。資格者ご自身での申請をお願いします。
     
Q5. 申請書を整備局に直接持込んでもよいですか?
  →A.  持ち込み、郵送のどちらでも受付いたします。
 8階 営繕部技術・評価課までお願いします。
 持ち込まれる場合は、事前に電話にて予約いただくようお願い致します。
     
Q6. 引越しのため、現住所が変わりました。本籍(都道府県名)の変更はしていませんが書換が必要ですか?
  →A.  現住所や本籍地の変更を行っても、本籍の都道府県に変更がない場合は、書換の必要はありません。
     
Q7. 2度目の再交付となりますが、手続きは最初と同じですか?
  →A.  手続きに大きな違いはありませんが、「(4)再発防止策」を必ず記入ください。
     
Q8. 普段は自宅に居ないので、合格証明書を会社へ送ってもらえませんか?
  →A.  資格は個人のものですので、申請されたご住所に郵送いたします。
 会社など申請されたご住所以外にお送りすることはできません。
     
Q9. 監理技術者の資格証の交付を受けたいのですが、受付してもらえますか?
  →A.  当方では受付を行っていません。詳しくは(一財)建設業技術者センターにお問い合わせください
    (一財)建設業技術者センターの監理技術者関連HP
    http://www.cezaidan.or.jp/managing/about/index.html
     
Q10. 再交付申請や書換申請にあたり、返信用の封筒や切手は必要ですか?
  →A.  「再交付申請のみ」「再交付と書換を同時に申請」の場合は不要となります。
 「書換申請のみ」の場合、切手440円(簡易書留代を含む)が必要となります。
     
Q11. 氏名、本籍地の都道府県、生年月日(もしくはそのいずれか)が変わりました。
この場合、書換は必要ですか?
  →A.  本人確認にあたり、合格証明書と本人確認のための免許証等の記載の不整合により再確認に時間を要することが想定されますので、書換申請は必要となります。
なお、現住所の変更の場合については、Q6をご覧ください。
     
申請案内のページへ戻る
 
営繕部のTOPページへ