保全担当者のための応急処置ハンドブック
 
 国の建築物を管理する保全担当者が、事故・災害などの発生直後に二次被害の発生防止等にすみやかに対応できるよう、一般的な応急処置の方法について事象ごとに記載しています。
 管理保全されている施設に合わせ、内容を適宜
追加・削除し、施設に合ったハンドブックを作り上げて活用して下さい。
  このハンドブックは、事故・災害などの発生時に備えて使うことを想定していますので、棚の奥にしまうものではなく、いつでも確認できるところに置かれることを推奨します。 
 ・保全担当者のための応急処置ハンドブック [Excel 形式 11.1MB ]
[保全のページ]TOPへ