4)官庁施設における未利用エネルギー等の利用の推進

全体計画
@ 新技術、新工法の活用@ 新技術、新工法の活用。
A 新エネルギー、未利用エネルギーの活用。
H19結果
@ 雪冷房、流木材利用のペレット燃料等の情報収集及び検討を行った。
・ 北上川ダム統合管理事務所(流木材利用ペレット燃料を導入)
A 地域の特性を充分に把握し、多雪地に整備する利用者の多い施設は、融雪設備(例:地下水還元)の採用について検討する。
・融雪設備(例:地下水還元)を採用する案件は無かった。
H20予定
@ 地域の特性に適した未利用エネルギー等の活用について情報収集及び検討を行う。
・北上川ダム統合管理事務所(流木材利用ペレット燃料)は効果を確認する。
A 地域の特性を充分に把握し、多雪地に整備する利用者の多い施設は、融雪設備(例:地下水還元)の採用について検討する。
◆東北地方整備局における実施例
・地下水を利用したヒートパイプ融雪
十和田奥入瀬合同庁舎 本荘地方合同庁舎

-5-
<<前頁へ >>プログラムTOPに戻る<< 次頁へ>>